コロコロ…

先日ご紹介した二ホンカモシカに続き、森の中で暮らす動物たちの営みを感じる機会がありました。



ころころとして、まるでお菓子の「たまごボーロ」のような形です。これは何??

正解は「ノウサギのふん」です。見つけたのは清里高原の一角。草原が多い清里地区は、ノウサギにとって暮らしやすいのかもしれません。
ニホンジカと比べるとノウサギに出会う機会は少なく、普段姿を見かけることはめったにありません。「以前より生息数が減った」との声も聞くだけに、健康そうなふんを見かけると思わず安心します。
乾燥していて匂いもなし。愛らしい形のふんの姿に、心いやされるひとときでした♪
スポンサーサイト

夜は更けて…

今年入社した新入スタッフと3月に退社した元スタッフ、新たに事務担当のパート社員として加わってくれたスタッフの歓送迎会をこのほど開きました。

現場作業の後、地元の居酒屋に集合。そして…。
乾杯後早くも30分で会場はヒートアップ!貸し切りの個室内は熱気でムンムン!!

180416ブログ
▲八ケ岳山麓のクラフトビール「タッチダウン」。ホット過ぎる会場の中で、さわやかさが際立ちます

その後はカラオケに移動して熱気は最高潮に。「今日は無礼講じゃ」との声も…。
にぎやかな宴の中で、社員同士のきずなが深まったのは間違いありません。

以上、簡単ですが、歓送迎会の報告でした!

視線

八ケ岳山麓にはさまざまな野生動物が生息しています。とくに多いのがニホンジカ。車で走行中、群れで見かけることも珍しくありません。写真は同じ「シカ」でも普段あまり見かけないニホンカモシカ。国の特別天然記念物に指定されているウシ科のほ乳類です。

180415ブログ

先日、現場からの帰り道、八ケ岳横断道沿いで見かけました。カモシカの特徴は、人間に出会うと逃げずに立ち止まり、動かずにずっとこちらの動きを見つめていること。今回も車から降りて観察する弊社スタッフを、逆に観察するような様子でじっと見つめていました(*^_^*)

このカモシカ。色が黒っぽく見えるため、ツキノワグマと見間違えられることが度々あります。八ケ岳山麓でもしクマのような動物に出会ったら、カモシカである可能性も大きいので、「クマだ!」と、周囲に知らせる前に、もう一度落ち着いてしっかりと観察することをおススメします!

初物!

山暮らしの春の楽しみの筆頭格が山菜採り。フキノトウに始まり、徐々に木の芽たちが芽吹いてきます。
例年、「木の芽系」の山菜たちの採取時期はGW前後、と思っていましたが、今春は暖かい日が続いたためか、標高840メートルほどの自宅周辺では、早くもタラノメが顔を出していました!



「山菜の王様」と呼ばれるタラノメ。天ぷらやお浸しなど、どんな調理法でもおいしいのが特徴。サッと湯がいた大きめのものを、塩ラーメンにぜいたくにトッピングする「山菜ラーメン」が個人的にはおススメです♪

上品なルックスと味わいから、「山菜の女王」とも呼ばれるコシアブラの芽も成長中。
八ケ岳山麓の山菜情報、今後も随時お伝えします!

山の天気

八ケ岳の麓、標高約1300メートルに位置する弊社周辺は、まさに「山の天気」。下界では雨でも雪だったり、この時期でも朝方、氷が張ったりします。

180409ブログ

写真は先週のある日の朝の光景。会社の土場がすっぽりと霧に包まれました。同じ北杜市でも、こんなに濃い霧が立ち込めているのは標高が高い一部の場所だけ。標高800メートルほどの自宅周辺では霧は出ていませんでした。
ちなみに今朝の弊社周辺は若干吹雪模様の天気で、日中も雪がパラつく肌寒い一日に。三寒四温が激しすぎる今日この頃です!(@_@;)

自然の厳しさを感じることも多いですが、四季の変化を日々ダイレクトに感じられる「山の天気」。都会では味わえず、見方を変えれば、なかなかぜいたくだと思いますが、いかがでしょうか?!




プロフィール

山師

Author:山師
有限会社天女山は、山梨県北杜市の八ヶ岳南麓を中心に活動する林業事業体です。
森林整備や屋敷木伐採、危険木伐採及び木材に関する事でしたら、何でもご相談下さい。

facebookにも
ページがあります。
こちらのイイねボタンで
天女山ページの更新が
ご自身のフィードに
表示されます。
いいねしていただけると
うれしいです。




最新記事
来訪者
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR