必需品

林業の必需品といえば、チェーンソーを思い浮かべる方が多いと思います。
そのチェーンソーと並んで欠かせない道具の一つがハンマーです。

170627ブログ

以前(昨年12月13日)の当ブログでご紹介しましたが、木を伐り倒すときには、倒したい方向に木を傾けるための「矢」(くさび)を木の幹に後ろから打ち込みます。このときに欠かせないのがハンマー。1トン以上の重さになることも珍しくない木を傾けるのですから、打ち込みの成否が安全な伐倒を左右すると言っても過言ではありません。このため、耐久性があり、ヘッド部がある程度重いものが適しています。

170626ブログ②

1枚目の写真は柄の部分にひもを巻き付け、ビニールテープでぐるぐる巻きにしたN部長オリジナルのハンマー。打ち込み時に握りやすく、使い勝手は抜群です!

林業とハンマー。この分かち難い関係をご理解いただけたでしょうか!?
スポンサーサイト

子育て

柔らかそうな巣の中に並んだ七つの小さな卵…。
北杜市大泉町のカラマツ林で間伐中に見つけたキジの巣です。

170621ブログ

母鳥はチェーンソーのエンジン音や木々が倒れる大きな音にきっと驚いたことと思いますが、ほとんど巣から離れずに、一生懸命に托卵しています。弊社スタッフもなるべく驚かさないように、伐倒方向などに気を使いながら無事に巣の周辺の間伐を終えました。
七つの卵のうち、孵化して無事に巣立つのはいくつになるのかわかりませんが、森の中で人知れず行われている自然の営みに畏敬の念を抱かずにはいられませんでした。

ロボコン!?

左右からアームを伸ばす赤と黄色のロボット。さてどちらが強い??

170619ブログ

一見するとロボコン(ロボットコンテスト)のように見えるこの光景。実は弊社が先日実施した枝降ろしと伐採作業の様子です。
右側がグラップルと呼ばれるハサミ型の「手」が付いた重機、左側が人が乗れるかご(ゴンドラ)が付いた高所作業車。グラップルで幹をつかんで安全を確保しながら、ゴンドラに乗った作業車がチェーンソーで伐採している光景です。

ゴンドラ内のコントロールレバーで高所作業車を操縦しながら、空中の枝や幹を伐るチェーンソーマン。そして巧みなグラップル操作で伐採された枝や幹を安全に地上に降ろす重機のオペレーター。今回の伐採現場は、地上で別の業者が建設物を造っているというリスキーな条件も加わりましたが、弊社のベテランスタッフが難しい作業を危なげなくこなしました。

林業というと山の中の仕事のイメージが強いと思いますが、住宅地や道路の近くの建設現場などで支障木などを安全に伐る技術も重要。さまざまな重機を駆使して難しい伐採をこなす―。これも弊社が得意とする仕事の一つです!!

間伐

八ケ岳南麓も梅雨入りしましたが、このところほとんど雨が降らず、空梅雨が心配されています。ただ好天のお陰で現場作業は順調に進んでおり、間伐作業を続けている北杜市大泉町内のカラマツ林では連日、チェーンソーの小気味よいエンジン音が森の中に響き渡っています。

170615ブログ

弊社はさまざまな仕事を手掛けていますが、この間伐作業が林業の仕事としては一般の方に最もイメージしやすいかもしれません。チェーンソーを構えて豪快に木を伐り倒す…。まさに映画「WOOD JOB!(ウッジョブ)」の世界です!

ただ一口に木を伐ると言っても、木の太さや高さ、重心、倒さなければいけない方向、隣り合う木々の枝張り、風向きなど条件はさまざま。使う道具もチェーンソーをはじめ、伐倒したい方向と逆方向に傾いている木を起こすための「矢」(くさび)や、矢を木の幹に打ち込むためのハンマー、木が倒れていく途中で周囲の木の枝などに引っ掛かって止まってしまった場合に使う鉄製の「フェリングレバー」(木回し)などさまざまで、安全で正確な伐倒には繊細な技術が求められます。

いまの時期は水を盛んに吸い上げているため、木の幹自体が巨大な貯水タンクのようにずっしりと重く、樹高や幹の直径によっては1トン以上の重さになることも珍しくありません。このため間伐作業は、常に危険を意識し、回避策を考えながらの作業になります。精神的な緊張感に加え、体力的にも厳しいですが、チェーンソー一台で木を伐り、美しい森に仕上げていく仕事は林業の醍醐味といえます。

間伐の仕事のあれこれをこれからも随時アップしていきたいと思います!

幽霊!?

白く透き通ったような姿、首を傾けながら、森の中でひっそりと花弁を開く妖しい雰囲気…。

170612ブログ

先日、北杜市小淵沢町の森の中で見つけた植物「ギンリョウソウ」です。
腐植土が多く、薄暗い場所に生える腐生植物で、「ユウレイタケ」の別名も。
これまで別の場所で何度か目にしたことがありましたが、名前を忘れていて、先輩に教えてもらい思い出しました。
「うろこ状の葉に包まれた姿を竜に見立てた」のが名前の由来とか。確かにそう言われると、首を伸ばした竜のようにも見えるから不思議です。初めて見るスタッフもいて、しばし観察会が始まりました。

全国に分布し、開花時期は5~8月とのこと。薄暗い林内で妖しく光る植物を見つけたら、それはギンリョウソウかもしれません!
プロフィール

山師

Author:山師
有限会社天女山は、山梨県北杜市の八ヶ岳南麓を中心に活動する林業事業体です。
森林整備や屋敷木伐採、危険木伐採及び木材に関する事でしたら、何でもご相談下さい。

facebookにも
ページがあります。
こちらのイイねボタンで
天女山ページの更新が
ご自身のフィードに
表示されます。
いいねしていただけると
うれしいです。




最新記事
来訪者
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR