FC2ブログ

神ワザ?!

「大きくなり過ぎて危険な人家近くの木を伐ってほしい」。山や森が身近にある八ケ岳山麓をフィールドとする弊社には、こうした相談や依頼が多く寄せられます。

このような現場は木を安全に伐り倒せるスペースがない場合が多いため、伐った木を丸ごとクレーンで吊り上げて、近くの安全な場所まで移動させる手法が多くとられます。

181015ブログ

写真は北杜市内で先週行った伐採作業の様子。伐られた木がクレーンで吊るされながら空中を移動しています。こうした現場は写真のように電線や電話線などが張りめぐらされているケースが多いため、クレーンを操作する専門業者のオペレーターさんと、実際に木を伐る弊社スタッフとの間のコミュニケーションや信頼関係がとても重要になります。
また木を吊り上げる際に幹に巻き付けるスリングの固定位置の判断など、熟練した経験が求められます。

今回は木のサイズが大きめで、電線などの障害物が多い現場でしたが、弊社スタッフ、そしてクレーン会社のオペレーターさんのチームワークで作業は無事終了!
夕暮れが迫る中、緊張が解けて、ほっとした気分で現場を後にしました。
スポンサーサイト

道直し

今月は八ケ岳山麓でも雨が多い不順な天候が続いています。
こうなると困るのが間伐現場に作設した作業道のぬかるみ。火山灰土を由来とする八ケ岳山麓の通称「黒ボク」と呼ばれる土は、水を含むと液状化のような状態となり、重機で走行するのが著しく困難になります。無理に走ろうとすると重機のクローラー(通称=キャタピラ)が泥の中で外れたり、重機が横転したりするなど、トラブルの原因となります。



写真は雨水でぬかるんだ箇所に丸太を敷いて補強をしている光景。こうして一時的に走行できるようになっても、繰り返し走ると道が荒れて、再び補修や補強が必要になることも少なくありません。八ケ岳山麓は急傾斜地が比較的少なく、森林施業をしやすいイメージがあるとも聞きますが、土質には必ずしも恵まれていません。

今週もすっきりしない天気が続く予報。泥との闘いはしばらく続きそうです(>_<)

アナログ派

各地に大きな被害をもたらした台風21号は、八ケ岳山麓にも強風と大雨をもたらしました。
幸い人的被害はなかったようですが、一部地域で停電が起きるなど、ここ数年で最も激しい風雨だったと感じます。

猛烈な台風が去り、現場では山仕事が再開しています。
写真はフォワーダと呼ばれる林業機械で間伐したカラマツやアカマツなどの丸太を運搬している場面。

180905ブログ

フォワーダはクローラーが付いた運搬車で、丸太をつかんで持ち上げるためのクレーンとグラップルという「手」が備え付けられています。年季の入った風貌からも分かるように、とてもアナログ的な機械。グラップル操作に独特の「クセ」があり、使いこなすには経験や慣れが必要となります。走行についても、雨の後の作業道は非常にぬかるんでいるため、さまざまな注意点を認識して走らないとクローラが脱落する事態になります。一度、外れたクローラを再びはめるのは、他の重機でフォワーダ自体を持ち上げるなど、大仕事となります。

丸太の運搬は地道な作業ですが、伐採した木を利用するためには欠かせない仕事。山向こうの信州の方言でいう「ずく」(根気)を出して、引き続きがんばりたいと思います!

搬出スタート

今月も弊社は現場作業が立て込んでいます。下刈り、特殊伐採、民地の支障木の伐採、森林調査etc…。
その一つで、個人住宅に隣接する林地の支障木伐採がようやく終わり、丸太の搬出がスタートしました。

180720ブログ②

急傾斜の立地条件に加え、猛暑の中での作業でしたが、施主様のご協力と、作業班長のN部長による的確な重機操作&汗だくでチェーンソーを回すスタッフへの度々のアイスの差し入れなどで、無事に大径木の伐倒が終了!!施主様の庭にダンプの進入路を造らせてもらい、アカマツやカラマツの立派な丸太の搬出が始まりました。

八ケ岳方面も連日、記録的な高温が続いていて、ついに体調を崩すスタッフも出てきました…。
「急がば回れ」
来週も酷暑が続く予報。日陰での休憩や水分・塩分補給を心掛けながら、焦らず、確実に作業を進めていきたいと思います!!

コントラスト

北杜市須玉町津金地区の6ヘクタールの植林地で6月から続けている下刈り作業が、いよいよ大詰めを迎えました。
写真右側の茶色い部分が刈り終えた場所、左側の緑の部分が、これから刈るエリアとなります。

180719ブログ

この植林地にはヒノキやカラマツの苗が植えられていて、刈り終えた場所には、等間隔で整然と植えられた苗が残ります。夏の下刈りはハードな作業ですが、こうして刈り終わった日々の「成果」を一目で確認できる独特の達成感があります。

この現場が終わったら、同じ山の連なりにある広大な別の現場での下刈りが待っています。
この先、一週間も同様の暑さが続く予報。水分と塩分をこまめに補給し、休憩を十分に取りながら、全面積の下刈りを無事に完了させたいと思います(*^-^*)
プロフィール

山師

Author:山師
有限会社天女山は、山梨県北杜市の八ヶ岳南麓を中心に活動する林業事業体です。
森林整備や屋敷木伐採、危険木伐採及び木材に関する事でしたら、何でもご相談下さい。

facebookにも
ページがあります。
こちらのイイねボタンで
天女山ページの更新が
ご自身のフィードに
表示されます。
いいねしていただけると
うれしいです。




最新記事
来訪者
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR