FC2ブログ

佳境

年度末は山仕事の現場でも毎年大忙し。弊社では北杜市内のカラマツ人工林での搬出間伐の作業が佳境を迎えています。



写真は伐採したカラマツ間伐材の丸太を大型重機で積み上げている場面。こうした丸太は大型トラックで各地の木材市場に運ばれ、製材工場で主に薄くスライスされて合板の原料になります。

今年の八ケ岳南麓は雪らしい雪が降らず、作業は順調ですが、間伐現場では凍結した斜面もあり、油断は禁物!
引き続き安全第一で、なにかと慌ただしい年度末を乗り切っていきたいと思います!
スポンサーサイト

間伐シーズン

木々が冬眠状態となり、材の乾燥が進む冬場は伐採の適期となります。
弊社でも間伐現場が大忙し。



いまの時季は山の斜面が凍っていることが多く、急傾斜地の場合、伐った後に倒れた木が100メートル近く斜面を滑り落ちることも…。自分自身の作業に集中することはもちろん、ほかのスタッフの動きや位置関係を常に意識することが事故防止のために欠かせません。

今週はこの時季らしい冷え込みが戻りそう。
月並みな表現かもしれませんが、「安全第一」で明日もチェーンソーを回したいと思います!!

完成!!

カラマツの苗を植林するときに使う「仮植穴」がこのほど、北杜市須玉町の山の中に完成しました。
苗作りを担う専門の業者から今後購入する予定の数千本の苗を一時保管する施設で、縦2メートル、横5メートル、深さ2メートルの大きさ。日が当たりにくく涼しい場所に保管して、植え付けまでに苗の鮮度を保ち、また成長し過ぎるのを防ぎます



丸太や板材など簡単な材料で作られているだけに、山の中の現場で決められたサイズに合わせて作るのは意外と大変な作業。重機の力に加え、人力も投入し、完成度が高い仕上がりになりました。

1月も間もなく終わり、春はもうすぐ。
植え付けの様子は追ってまたリポートします(^-^)

踏ん張りどころ…

長い鉄製の棒を手前や奥に引いたり押したりする姿は、どことなく舟の櫂(かい)を操っているようにも見えます。
写真は、「チルホール」という牽引器具を使った伐採作業のひとコマ。この牽引器具を上手に使うと、倒したい方向とは逆の方向に傾いている木の重心を、ゆっくりと起こしながら、目指す方向に移動させることができます。

台座となる丈夫な木の根元にチルホールをセットし、チルホールから伸ばした長いワイヤーを伐採対象の木の幹のなるべく高い位置につないで、準備完了。「あおり棒」と呼ばれる櫂のような棒を前後に動かすことで、少しずつワイヤーが巻き取られ、傾いた木が反対の方向に起きてくる仕組みです。ときには数トンもある重い木の重心を動かすため、このあおり棒を動かすのが重労働…。ただここが踏ん張りどころで、手を休ませるわけにはいきません。ときには思い切り体重を掛けて棒を押したり引いたりします。



チェーンソーで木を伐るひとと、あおり棒を動かすひとが息を合わせながら、「少しずつ伐る」「少しずつワイヤーを巻き取る」の作業を何度も繰り返し、ゆっくりと重心を起こしていきます。

この日は樹高20メートルほどのアカマツの大木を含む6本の伐採が無事終了!日没が迫る中、近くにいた別の作業班のスタッフ2名も応援に駆けつけてくれ、枝と丸太のトラックによる搬出も無事終わりました(^-^)

シンプルで地味ですが、汎用性が高く、伐採現場では欠かせない道具。それがチルホールでした!

極秘ファイル?!

弊社が現在動かしている主な現場のひとつに「地拵え」があります。伐採後の跡地に散らばっている丸太や枝などを規則的に並べて段々畑のような「棚」をつくり、春以降にカラマツなどの新しい苗木を植林できるようにする作業です。

伐採跡地には大量の枝や丸太が残されており、これを人力で移動させて棚にするのは相当な重労働。大人ひとりでは、とても抱えられないサイズの丸太もあり、チェーンソーで短く切ったり、斜面を慎重に滑り降ろしたりして、棚を形作っていきます。

190110ブログ②
▲写真中央付近がこれから地拵えをする斜面。大量の丸太が転がっています

この地拵えは林業の仕事の中でもおそらく五本の指に入るハードな作業。しかし完成後、山肌に万里の長城のように延々と伸びる棚を眺めると、達成感もわき起こります。

190110ブログ①
▲「まくり棒」と呼ばれる木の棒を使い、枝などを斜面下の棚の中に移動させるスタッフたち

機械化が進む林業界でも、急傾斜地での地拵えは、いまのところ人力に頼らざるを得ない仕事のひとつ。作業中はハード過ぎて余裕がなく、なかなか撮影できない地拵え現場のレアな(?)写真を今回ご紹介しました!!

プロフィール

山師

Author:山師
有限会社天女山は、山梨県北杜市の八ヶ岳南麓を中心に活動する林業事業体です。
森林整備や屋敷木伐採、危険木伐採及び木材に関する事でしたら、何でもご相談下さい。

facebookにも
ページがあります。
こちらのイイねボタンで
天女山ページの更新が
ご自身のフィードに
表示されます。
いいねしていただけると
うれしいです。




最新記事
来訪者
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR