選木研修

林業への新規就業者を対象にした研修会が山梨県富士川町のヒノキ人工林でこのほど開かれ、間伐をテーマに理論と実践の指導がありました。

171010ブログ

弊社社長らが講師を務めました。間伐で大事なのは安全、正確かつスピーディーに木を伐り倒す技術ですが、加えて、どの木を残し、どの木を伐るかを決める選木技術も欠かせません。今回教わったのは、「最初に将来残す木を選ぶ」「残す木への日照を妨げている木を伐る」「立木の密度が薄い場所や細い木が多い場所は、定められた本数よりも木を多めに残して全体的なバランスを取る」などのポイント。どれも基本的な内容で、文章で書くと単純ですが、ほかの研修生とともに選木をしてみると、意外と悩んだり、迷ったりする場面が出てきます。

しかし講師のアドバイスも受けながら残す木の配置を最初に決めると、今度は伐る木が自ずと決まってくるのが面白いところ。伐る木を決めるために、将来残す木を最初に選ぶ理由が納得できます。逆転の発想といえば少し大げさでしょうか…。
間伐にはスピードやリズムも必要。そのためにはスピーディーな選木も大切になります。弊社が今秋にも始める新しい現場での間伐作業に、今回の研修を生かしたいと思います!
スポンサーサイト

高性能林業機械

林業では近年、機械化が進んでいます。伐倒や造材、丸太の積み込みや運搬などを担う重機は高性能林業機械と呼ばれ、弊社の現場でも欠かせない存在になっています。

山梨県森林総合研究所(富士川町)でこのほど開かれた林業新規就業者向けの研修会では、こうした高性能林業機械の乗車体験がありました。ウインチやワイヤーを使って山の斜面から丸太を引き出す「スイングヤーダ」、丸太の枝払いや玉切りをこなす「ハーベスタ」、続いて「グラップル」という重機を使って玉切りされた丸太を運搬用の「フォワーダ」に積み込む一連の流れについて説明を受けました。

170915ブログ

作業のスタートに位置するスイングヤーダは2本のワイヤーを林内に張り、ワイヤーの上に搬器(はんき)と呼ばれるフック付きの滑車を移動させて丸太を移動させるシステム。実際に目にするのは初めてで、リモコン操作で動く搬器に便利さを実感しました。

これらの重機やシステムは一度説明を受けただけでは使いこなせませんが、百聞を一見にしかず。今後の現場作業に向けて勉強になった研修でした!




パズル

山梨県内で林業に新規就業した人を対象とする全体研修がこのほど富士川町で開かれました。テーマは「造材」。
造材とは、間伐や皆伐などで伐倒した木から任意の長さや太さの丸太を伐り出す作業で、製品としての丸太に仕上げるための重要な仕事になります。今回の研修ではヒノキを使い、伐倒から採寸、玉切りまでの工程を教わりました。

170906ブログ

丸太の市場価格は長さや太さ、樹種などによって異なり、さらに価格自体も日々の相場で変動します。住宅の通し柱などに使われるヒノキの場合は6メートル材が最も高価格で、3メートル材が続きます。少しでも曲がりがあると「小曲がり」として半値近くになるなどさまざまな制約があり、木のどの部分を使ってどんな丸太を伐り出すかは、まるでパズルのような感覚です。

弊社が主に取り扱っているカラマツは主に合板などに使われるため、造材作業はヒノキほどシビアではありませんが、造材の成否が会社の利益に大きくかかわる場合もあります。上手な造材は一朝一夕にできるものではありませんが、木を見る確かな目を養っていきたいと思います!

不整地運搬車

不整地運搬車の運転に必要な技能講習が昨日と本日、韮崎市などで開かれました。不整地運搬車とは、その名の通り、地盤が緩い工事現場や森の中など、通常のダンプカーなどでは走行できない悪路で、重い荷を積んで走るための車両を呼びます。

170830ブログ

主にクローラー(通称=キャタピラ)で駆動し、写真のように荷台をダンプアップできるタイプが中心。土砂や砂利、丸太などの移動に使われます。

弊社ではあまり使う機会はありませんが、重い荷を積み込んで傾斜地を走行する際の転倒予防策など、他の林業用機械の操作に共通する教習内容が多く、作業中の事故防止に向けて実り多い二日間でした。

ちなみに昨日の学科講習は甲府市、本日の実技は甲府盆地に近い韮崎市で開かれ、普段標高1000メートル以上の八ケ岳山麓で仕事をしている身には暑さがこたえました(+o+)

下界の暑さの一方で、八ケ岳山麓ではこのところ、夜には秋の虫の音がにぎやかになってきました。
一足早い秋の光景も今後随時ご報告します!

アーボリスト研修

弊社スタッフ2人がこのほど「アーボリスト研修」に参加しました。アーボリストとは木の幹や枝にロープをかけて登り、木の上で伐採した枝や幹をロープなどで安全に地上に降ろす技術を持つスペシャリストのこと。
米国やヨーロッパなどで盛んな技術で、日本でも狭い住宅地などでクレーン車などの重機を入れられない現場で広がっています。

170724ブログ②

170724ブログ①

弊社スタッフは長野県で1週間の日程で開かれた研修会に参加。複雑なロープワークを学んできました!

170724ブログ③
▲弊社スタッフとともに研修を受ける江草さん(左)

研修会には全国から参加者が訪れ、そのうちびほく森林組合(岡山県高梁市)の江草裕介さんは、なんと当ブログの読者とのこと!遠い西日本の地でご覧いただいていることに感謝感激です!

炎天下で行われたアーボリスト研修。お客様からお受けできる仕事の幅が大きく広がるとともに、志を同じくする仲間たちとの貴重な出会いがありました!
プロフィール

山師

Author:山師
有限会社天女山は、山梨県北杜市の八ヶ岳南麓を中心に活動する林業事業体です。
森林整備や屋敷木伐採、危険木伐採及び木材に関する事でしたら、何でもご相談下さい。

facebookにも
ページがあります。
こちらのイイねボタンで
天女山ページの更新が
ご自身のフィードに
表示されます。
いいねしていただけると
うれしいです。




最新記事
来訪者
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR