秋らしい

「忙中に閑あり」





標高約1700m、作業の小休憩中にふと見上げる八ヶ岳の南麓は一足先に色づいています。
そんな中でも弊社の各部隊は、搬出間伐に、切り捨て間伐に、防火線の草刈り、除伐、吊るし切り等々に忙しくさせていただいております。

さて、前回では高性能林業機械(ハーベスタ)の話をしましたが、それに関係した話をします。



搬出間伐で伐倒した木をハーベスタにかける前にしなくてはいけないことがあります。
それは伐倒した木をハーベスタの届く所まで引っ張り上げる(下げる)集材という作業です。



この作業ではバックホーに装備されたウインチを使います。
ワイヤーを持った人が斜面を上り下りして倒れた木にワイヤーを巻き、それをバックホーのウインチに繋ぎ、合図をして引っ張ってもらいます。
地味でしんどい作業ですが、疎かに取り組むと後の作業が面倒なことになってしまいますので、よく考えて行います。

例えば、重なり合った木をどの順番で引っ張るか、林立する木々の間のどこを通すか、一度で2本引けないか等々。
一見、ウインチで引っ張る重機が主役に見えますが、さにあらずです。
作業道に位置する重機からは斜面の上、あるいは下に倒れた木は見えないので、ワイヤーをかけにいく人の判断に負うことが多いのです。
そう思うと俄然やる気も出てくるもので、倒れた木の位置から一番効率的に引ける方向を考えるのがゲーム感覚で楽しくなっちゃいます(-_^)

弊社の「緑の雇用」1年生も先週は3t以上の重機の座学、実習、実地試験がありました。もちろん全員一発合格?( ゚д゚)
今度はウインチ集材の引っ張り側も経験してみたいですね。


スポンサーサイト

高性能林業機械

搬出間伐も佳境に入り、一昨日からはハーベスタという伐採と造材を一挙に行える機械を導入しています。



通常は伐倒した木の枝をチェンソーで払い4mや2mの長さに玉切って搬出するのですが、この機械は、その作業を自動で行なってくれます。





木を摑むグラップルと呼ばれるカニのハサミ様の爪で材を挟み、内蔵されたナタのようなカッターで枝を払い、大きなノコギリが玉切ってくれます。
枝を払う際に木を送り出すイボイボのローラーのような物が見えるでしょうか。
もちろん最初に運転席にあるコンピュータ画面に枝を払うクリアランスや玉切りの長さは入力設定しておきます。



弊社では、こういった高性能機械も現場の状況に応じて導入しています。

ふと思ったのですが、農業における田植え機のような植栽機械って林業ではありませんね…。
やはり平地ではなく急斜面が多いせいでしょうか?

しかし人力でしかこなせない仕事が多いのも林業の面白いところですね(^^)




プロフィール

山師

Author:山師
有限会社天女山は、山梨県北杜市の八ヶ岳南麓を中心に活動する林業事業体です。
森林整備や屋敷木伐採、危険木伐採及び木材に関する事でしたら、何でもご相談下さい。

facebookにも
ページがあります。
こちらのイイねボタンで
天女山ページの更新が
ご自身のフィードに
表示されます。
いいねしていただけると
うれしいです。




最新記事
来訪者
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR