「緑の雇用」簡易架線集材機械研修

今週は緑の雇用生2年目のメンツは月曜~木曜が集合研修になります。
昨日は簡易架線集材機械実技の特別教育でした。

午前は胴付け用のワイヤ編みで講師の先生は神子沢林業の神子沢社長で解りやすく丁寧な指導をしていただきました(^-^)/
四苦八苦しながらも、最終的にはなかなかの出来映えで講師の先生からもお褒めの言葉をいただけました~(^_^)v


▲吾ながら良い出来だね~!(^.^)

▲同期のSもバッチリ仕上げました。

午後からは簡易架線集材機械の実技。
架線で宙吊りにした材を地面に引きずりながら集材します。
完全に空中に浮いた状態での集材は「簡易」ではないので上級の資格が必要になります。

▲写真は同期のクッシーが実技をしているところです。


翌日は研修の場を山梨県森林総合研究所に移して機械集材装置運転業務の特別教育となります。
スポンサーサイト

散歩の途中で

日曜日の日課は駄犬の散歩なのですが、散歩コースから弊社の現場が眺望できます。
山の中腹に見える禿げた部位がそう。

一昨年の夏に地拵えをして、昨春に植え付けをした現場です。

▲地拵え

▲苗を担いで植え付け

▲下刈り

▲獣害除けの薬剤散布

今年も来週から下刈りに入る予定です。
きっと暑いんだろうな~^^;

一週間の〆土曜日

今日の天女山は2部隊に分かれての仕事でした。


先日から続いている民地での伐採は材の搬出も進み今日でひと段落です。

一方、僕は、これまた先日から続いている作業道作りでした。
S先輩がバックホーで抜根したり石を退けながら作業道を整えていきます。
僕は先行して作業道が通るでルート上にある木を伐倒しておりました。
午前中はとても良いペースで進みましたが、午後は石(ありゃ岩だな…)だらけの場所に突入してしまい、それをほじくり出すのに苦労しました。
でもS先輩の道作りの腕前は見事だったです。
車に携帯を置きっぱなしにして写真を撮ることができず残念(≧∇≦)
まあS先輩は写真を撮られるのを嫌がるので持っていても同じか(笑)

予定していたところまで仕事も終わり一週間の〆に気持ち良い1日でした(^_^)v

明日は日曜日!天気も良さそう。
貴重な梅雨の晴れ間は有効に使わねば( ̄+ー ̄)

久々の作業

今月は緑の雇用の研修が8日もあり現場に入ることが少なかったのですが、今日は午前中に作業道敷設のアシスト、午後は危険木処理および民地の伐採でした。

▲こうやってK主任がバックホーで作業道を作ります。

▲見えにくいかもしれませんが、後ろに作ってきた道があります。

進んでいく方向にある立木を伐る係を仰せつけられたのですが不手際が多く怒られてばかりでした(T ^ T)
次はバッチリこなします( ̄+ー ̄)

午後からは午前中少しだけ伐りに入った現場に戻り造材作業。
「べ」先輩が難易度の高い伐倒を次々にこなしていくのを見ました。
技術の違いに愕然としながらも、早くあんなふうに出来るようにならなくては…と思います。

▲「今日も良い仕事が出来たぜ」とN班長、きっと明日の段取りを頭の中で描いているのでしょう。

明日はまたまた緑の雇用の研修で「架線集材」についての講義を受けてきます。


緑の雇用2年生

今日は伐木機械(ハーベスタ等)の研修で南アルプス市まで行ってきました。

ハーベスタにはグラップル機能(木を掴むカニバサミ)に加えて幹を送りながら枝払いをするカッター、そして玉切るチェンソーが付いています。
通常の伐倒、造材を手でやることを考えると飛躍的に生産性を上げることの出来る代物です。
もっともハーベスタの扱いに習熟していなければいけないので、現在の自分たちでは手造材の方が早そうですけど…^^;

森の遺物

こんな森の中で仕事に勤しんでいるといろいろな自然の営みに出逢います。

美しく咲いた山ツツジもその一つ。

今日出逢ったのは骨です。

何の骨だかお分かりでしょうか?
右は猪、左は鹿、猪の方が面長です。
眼窩の造形を見ると猪の方が真横に眼が付いている感じ。
K主任の話によると強い動物、例えば虎とかライオンは両目が前を向いている。
それに対して捕食される可能性のある弱い動物は、外敵から身を守るために後方視界に優れている必要性があるのではないかとのこと。

外敵ではないけれど、吾々林業に携わる者も周囲の状況にアンテナを張っていなければいけません。
いつ落ちてくるか分からない掛かり木になった倒木、強大な油圧パワーの重機、足元の悪い急斜面、5秒もあれば脚を切断してしまうチェンソーetc.

見つけた野生動物の遺骸に自然に対する畏敬の念を感じながら森をあとにしたのでした。

緑の雇用2年生開講式

天女山の同期3人も緑の雇用の2年目に突入しました。

山梨県では2年生は13人、県内の各地から研修を受けにやって来ます。
久々に会った同期生と話していると随分成長している印象を受けました。
互いの仕事のことを話して、最近取り組んでいる作業の内容や、ハッとした危険な状況について情報交換しましたが、概して「仕事をなめた」雰囲気が消失していたように思いますし、取り組む姿勢が本腰になった感を受けました。

講師の先生の「一人ずつこの一年を振り返ってプレゼンしてください」との問いに対しては前向きなことが殆どでした。

ただ人それぞれの性格でしょうか、内省的なコメントを発する人と、出来るようになったことを主に語る人とに分かれました。
失敗談や壁にぶつかっている仲間の話は他人事ではない切実さがあって深く頷いてしまったり…。

今年もせっかくの研修時間を無駄にせず可能な限り知識と技術を吸収して持ち帰りたいと思っています( ̄+ー ̄)
プロフィール

山師

Author:山師
有限会社天女山は、山梨県北杜市の八ヶ岳南麓を中心に活動する林業事業体です。
森林整備や屋敷木伐採、危険木伐採及び木材に関する事でしたら、何でもご相談下さい。

facebookにも
ページがあります。
こちらのイイねボタンで
天女山ページの更新が
ご自身のフィードに
表示されます。
いいねしていただけると
うれしいです。




最新記事
来訪者
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR