11月6日新事務所オープン!

今日の天女山は、丸太搬出、測量、防火線でした。

搬出部隊の方では比較的珍しい「トネリコ〈モクセイ科に分類される落葉樹であるトネリコ属中の日本列島を原産地とする1種〉」を運搬しました。

測量部隊も午前で作業を終えて午後は防火線部隊に合流。

今日もたくさん刈りました(=゚ω゚)ノ

さてさて、その間にも弊社の新事務所は着々と工事が進みまして…。

▲内装工事

▲スロープ工事

▲寒冷地に欠かせないペアガラスの取付け

▲棚扉の取付け

▲カウンターの塗装、なかなか良い木目の杉板ですよ~。

▲壁のはめ込みガラス設置

▲フローリング、キッチン等も完成!

▲日当たりも良いんですよ~。

ついに完成です!

木村工務店さん
「なんかね…熱入れて作り上げたんで自分で使いたくなっちゃって…受け渡しヤダなぁ」
K専務
「な…なに言ってんすか今さら!冗談や…やめてください!(金切声)」

木村工務店さん
「そんな…マジにならなくても(笑)」
K専務
「だって、だって…(-。-; 」

K主任(右端)
「さあさ、一件落着だから早く帰ろう!」
Y班長(左端)
「…うん」

てな感じで「One craft HOME 木村工務店」さんが工期通りに弊社の新事務所を仕上げくれましたm(__)m

あとは机などを配置し、電話やネット回線の接続、サーバーの移設などを終えて、11月6日から本格稼働予定です(-_^)

http://onecraft-k.com/

↑「One craft HOME 木村工務店」さんのホームページでは、施工例、オーダー家具etc.の素敵な写真も公開されています。

是非ご覧になってくださいね~!(-_^)






スポンサーサイト

「緑の雇用」2年生 伐倒・造材研修 その2

本日の天女山は、特殊伐採、防火線、研修2チームでした。

防火線チームは午前中で2ヶ所目の仕上げがめでたく完了!刈った草で埋もれていた水路もくっきり出ました。
残すは3ヶ所目の天女山防火線です。

さて2年生の研修組は先週に引き続き伐倒・造材の研修でした。

まずは目立てからです。


そして伐倒・枝払いをしまして…。

元玉から6mは取れるか、最初に3mで取り2番玉で6m取るかなど、材の曲がりやキズの位置を見極めながら、どの造材方法が市場で一番高値になるか、各々しるしを付けて、市場経験の豊富な講師のM先生に評価してもらいます。
材はヒノキで、曲がりに関しては、吾々がふだん扱うカラマツよりもずっとシビアで「これくらいなら真っ直ぐでしょう」は通らないことも多かったです。
造材時の目利きと処理で材の値段が倍近くも変わってしまうこともあるのです。
とてもためになる研修でした。

伐倒でもヒノキの枝の固さはカラマツの比ではなく、簡単に枝間を抜けて倒れてくれないことも多かったので難渋しました。
山梨県の南北でヒノキをメインにするところ、カラマツをメインにするところ、同期の研修生でも半々くらいでしたが、地形による伐り方、受け口と追い口の段差では違った主張もあり、興味深く「なるほど」と感じさせてくれる意見も多々ありました。

「緑の雇用」2年生の研修も、残すところあと2回、貴重な時間ですので頑張って吸収・消化したいです。

皆さん、おつかれさまでした!

防火線の片付け

今日の天女山は、特殊伐採、研修2チーム、防火線でした。

自分は引き続き防火線での作業を進めていました。

▲これが刈った後です。

丈の高い草は無くなってきれいに見えますが、ここからさらに刈り払った草をブロワーで吹いて仕上げます。

▲仕上げ後です。

写真では分かりにくいかもしれませんが印象が違うと思います。
例えて言うなら散髪屋さんで髪を刈ってもらった後に、もう一度頭を洗ってもらい、短い髪の切れ端を洗い流してもらうような感じでしょうか(^.^)
仕上げのドライヤーならぬブロワーでセットしてあげる感じですね。

昨日は私用でお休みを取りました。
ここの現場はK主任と同期Sとクッシーで仕上げを進めていたので、今日の作業がすごく捗りました。

明日はその同期2人と「緑の雇用」2年生の研修に行ってきます。
火~木と研修に行っていた3年生の先輩たちとは入れ替わりとなります。
Y班長は東京で研修中です。
N班長も難関の資格試験に合格しました。
皆さん、頑張って勉強しています。

自分も向上のための努力をしなくてはいけないと思います。
まずは明日の研修に全力投球です。
この仕事好きです。


閑話休題 : グローブ

今日の天女山は、特殊伐採、防火線、研修に分かれてのスタートで、自分は引き続き防火線でした。

あと一振りずつ10歩進めば刈り終えられそうな大地のモヒカンです。

刈り払い機の傍にあるのは「防振グローブ」です。
刈り払い機には25ccほどの2サイクル単気筒エンジンが積まれていてピストンの上下動で振動が出ます。
この黒いゴムのグローブ、その名も「振減クン」!メーカーが「信玄公」と掛け言葉にしたのでしょう(笑)

この仕事ではいろいろなグローブを使い分けます。

◉ゴム手袋(右上)
雨の日や重機のバケット交換(グリスでヌルヌルになる)時などに使用。

◉軍手(中上)
ちょっとしたことに使うオールラウンダーで自分は朝の機材の準備やチェンソーの目立時などに使用してます。

◉ゴム蒸着の薄手手袋
指先の感覚がダイレクトなので重機の操作、森林調査時に木にピンクテープを巻く時、苗木を植える時、獣害シートをホッチキスで留める時などに使用。

◉防振ゴム手袋(右下)
前述した「振減クン」ですが、振動の多い刈り払い機を使う時に使用します。
チェンソーだと微妙なアクセルワークを要するので、ゴツ過ぎて不向きかな。

◉革製防振グローブ(中下)
チェンソーを使う時の振動軽減用で切創防止のパッドも入っています。

◉革製グローブ
ウインチによる木寄せを行なう時にワイヤーを摑んだり、ユニックでの玉掛け時に胴付きワイヤーを扱うのに有効です。
また粉砕機(チッパー)で枝を処理する時(枝を掴んでは粉砕口に送り入れることを繰り返す)などハードな使い方に耐えてくれます。蔓薔薇などが巻き付いているとトゲもありますのでね。

他にも寒冷時のグローブなど、各人が気に入った物を使っています。
なかなか多種のグローブを使い分けているでしょ(-_^)

それでは、また!

寒風吹きました~。

今朝起きて外気温をチェックすると…。

いやはや、すっかり寒くなりました。

さて週明けの天女山は、特殊伐採、測量、防火線、研修に分かれてのスタートです。


刈っても刈っても草の壁ですが、めげずに頑張っております!p(^_^)q

刃の消耗も激しく、会社に戻ってからは時間を見つけて研ぎ作業も行なっています。

風は冷たかったものの、昼間は日も差して作業中は程良い感じでした。
ふと見上げれば富士山の美しいシルエット…心が和みます。

明日も引き続きバッタバッタと刈りまくりま~す!

「緑の雇用」2年生 伐倒・造材研修

今日の天女山は、特殊伐採、材&枝条の搬出、防火線、緑の雇用2年生の集合研修でした。「おはようございま~す!」K専務が同期S、ハタ、クッシーの順に家まで車で迎えに来てくれて、イザ南巨摩郡にある実習林へ!今日の講師は望月林業のM先生と弊社のK専務でした。材の見分け方、とりわけヒノキをメインとした3m(柱)、6m(通し柱)材の造材する位置の見極め方で得るところが多かった。

天女山の活動する八ヶ岳南麓では標高が高いためメインの伐採樹種はカラマツで造材する時も4m、2m、時々8mです。カラマツを主な樹種とする地域は北海道、山梨(峡北部)、長野、その他数県で、全国的に見るとヒノキが主力樹種なのです。▲カラマツ林も美しいですよ~。峡北的な愛着あり!来週も伐倒・造材の研修が続くので楽しみです!帰り道の増穂町で近々伐採をするかもしれない現場に寄って状況を確認。

行きも帰りもK専務に運転させて同期Sとクッシーは…↑この体たらくです(´・Д・)」

「お前らっ!運転代わりましょうか?」

はどうしたーっ!と思っているうちにオレも寝ちゃいました^^;スンマセン…。

皆さん、おつかれさまでした~!

防火線3か所目

今日も朝礼をして特殊伐採、搬出、防火線、現場確認と見積もりに出発です。自分は防火線チームで3か所目の天女山防火線です。ここは草丈が高い!(°_°)

脇にある溝と法面上を先行して刈るメンバーが2人で、それ以外の比較的平らな部分…といっても斜面ですけど…を刈っていくのが2人の4人体制です。▲右2名は溝と法面上の笹刈り部隊▲そびえる草壁を前に佇んでます。

ここは八ヶ岳横断道を挟んで上下に延びる防火線で、今日刈ったのは、上のパートの出だしです。

また1か所目で刈った草の除去があと半日で完了予定、そして2か所目の片付けもこれからです。

刈る面積も大変ですが、刈った草を除去するのも大変で、その両方が完了して、やっと防火線が完備するってわけです。仕事を終えて、何か悪だくみでもしてそうな3人組って絵柄ですよね~( ̄ー ̄)

明日は「緑の雇用」2年生は南巨摩郡まで伐倒&造材の研修を受けてきます。

それでは皆さん、おやすみなさ~い

(_ _).。o○

ミュータント・タートル?

今日は会議に出る親方を除いて最近には珍しく皆の出発時間が同じだったので久々の朝礼です。朝礼後、重機伐採、防火線2チームに分かれて出発!防火線ってこんな感じです。木立の間の草を刈ります。▲刈った草をコイツ(ブロワー)で吹き飛ばして集めます。▲こんなふうにね。亀みたいでしょっ!まるでミュータント・タートル(笑)▲集めて防火線域外へ除去します。▲1時間に1度ほど休憩して水分などを補給します。作業が終われば「緑の雇用」の日誌を書いて1日終了です。おつかれさま~!

明日も早出だからよく寝とかなきゃです(= ̄ ρ ̄=) ..zzZZ

今日の防火線

本日の天女山は、重機伐採、伐採、製材等、防火線でした。

自分は1か所目の防火線に戻ってブロワーによる刈った草の除去でした。2台の強力ブロワーで草を集めて防火線外に除去し、その後ろから草丈が高く残った所を刈払い機で潰していくという3人体制です。

ブロワー2人の連携が大事なのですが…どうも自分は動きがトンチンカンでK主任に怒鳴られっぱなしでした。明日は上手くやるよう頑張らねば~。しかしブロワーも1日回しっぱなしだと結構な燃料を消費します。だもんで多めに混合ガソリンを用意します。今日は約半分の距離を処理したので明日で何とか残りを終えたいところです。

それでは早出に備えて寝ま~す(z_z)

泥はね対策

本日の天女山は、特殊伐採、重機伐採、伐採、防火線草刈りでした。自分は引き続きH先輩と、赤岳(▲写真奥)を眺めながら防火線草刈りです。

2か所目の防火線も終着点まで丸1日あれば2人で刈り終えられそうなところ。

しかし…相変わらず土の湿った所では泥はねが酷く1日の作業が終わると眼も真っ赤に充血です>_<

そこで今日のH先輩は秘密兵器を装着してスタンバイです(笑)どうです?この怪しさ…お父上愛用のゴーグルを持ち出してきたとか…( ゚д゚)

自分は眼鏡を掛けているのでマシですが裸眼の人は、これくらいしないとね(-_^)

さて、あと1日で終わりそうな2か所目は、いったんストップして、明日は1か所目の刈り散らかした草の除去です。

枯れた草が防火線上に残っていると良い焚き付けになってしまうのでブロワーで域外に除去します。

それではおやすみなさい(( _ _ ))..zzzZZ

防火線・緑の雇用・新事務所!

今朝は防火線の草刈りに行く途中でちょっとしたハプニングがありました。ご婦人方の車が脱輪していたのですね。もちろん天女山の紳士たちはレスキュー隊に早変わり…無事に脱出成功!差し出すお礼も受け取らず颯爽と去ったのでした(笑)受け取った途端それは善意ではなくなるとの紳士たちの見解です(-_^)今日の防火線も順調に進みました。特筆事項ナシ?(笑)仕事を終えて帰りに「緑の雇用」の日誌を書いて今週も無事終了です。

さらに~もう1トピック!弊社の新事務所も着々と仕上がってきています(^L^)▲床工事▲枠工事▲断熱工事(標高1000m以上なんで冬が厳しいんです)▲天井工事▲内装壁工事▲フローリング工事▲外壁工事▲イイ感じの杉板でカウンターも設置!

…てな感じで「One craft HOME 木村工務店」さんが素晴らしい手際で着々と完成に向けて仕事を進めてくれています!
木をこよなく愛し、木造建築、新築、増改装、店舗工事、内装工事、オーダー家具などを手掛けられています。

http://onecraft-k.com/

↑「One craft HOME 木村工務店」さんのホームページでは、施工例、オーダー家具etc.の素敵な写真も公開されています。

是非ご覧になってくださいね~!(-_^)

※追記

PCで見るブログの文字列が上手く調整されていません。iPhoneからブログはアップしていて、そちらの画面では整っているのですが、iPhone OS用のブログエディタとPCで見る画面との不整合によるものと思われます。お見苦しいとは存じますがご容赦のほどを!m(._.)m

防火線2か所目

今日は、重機伐採、伐採、防火線の3チームでスタートでした。

当方は引き続き防火線チームです。こんな場所で、これは刈る前です。写真だと解りにくいのですが、これが作業半ばの状態です。

ここは中央部に水路があって、その両縁も刈っていくのですが、土が湿っていて泥ハネが半端なく、顔面もチョコチップまぶしたみたくなっちゃいますし、鼻をかめばティッシュが真っ黒です(*_*)

下ろしたてのブーツも泥と鹿のウンチを粉砕したもののミックスつぶての洗礼を受け一気に汚くなりました…(T_T)

「古い方のブーツにすれば良かった…」と呟いたのを聞き咎められ、突っ込まれること、突っ込まれること(苦笑)

明日も引き続き防火線です。雨予報も出ているので気になります。いやいやブーツが汚れることなんて全くもって気にしませんが(笑)雨だと草が寝ちゃって刈りにくいんですよ~!(u_u)

岩ゴロゴロ

本日の天女山は、小学生のための間伐体験、重機伐採、特殊伐採、防火線の草刈りでした。小学生のための間伐体験も今年はこれが最後になります。好天に恵まれ手鋸を使えば薄っすらと汗ばむくらいの気温で、木々も黄葉に色づく中、十分に楽しんで貰えたのではないでしょうか。来年もよろしくね!

今日の自分は朝から防火線の草刈りに励んでいました!今日は「岩」だらけの難所に差しかかりまして…往生いたしましたε-(´∀`; )ここまで快調に行程を進んできましたが、ここに来ると通常の半分以下くらいのペースに落ち込みます。刈払い機のチップソーは岩に当たって「チンチン!」と鳴ります。下手に扱うとチップが飛んでしまうので…秘密兵器登場!「鮫牙」って…(笑)凄いネーミングでしょう。今までのナイロン刃は断面が星型なのに対して鮫牙は円盤の刃同様に鋸型が側面に付いていて固めの素材です。通常の刈払いと同様に振って刈れるし、とにかく岩との地際や岩と岩の間にはフレキシブルにしなってくれるので大助かりです。

ナイロン刃が粉砕しながら飛ばす感じとすれば「鮫牙」は切っている感覚に近いかな…と思います。

ちなみに下の写真は笹を刈った所と刈ってない所の境目です。キレイに分かれてるでしょう(^.^)
下の写真は昼休みの1コマですが良い景色でしょう(^.^) 天候も良いし紅葉(黄葉)も美しい!仕事の手を休めて周りを見ればこんな感じで、オマケに仕事しながらジムに通って体を鍛えてるようなものです。自分的には超おトク感があるんですが…ソレって「変」かな?(笑) ここの防火線もひと段落です。明日からは2か所目の防火線に突入です(-_^)

日暮れも早くなりました。

秋も深まり朝夕は間も無く訪れる冬の冷気すら感じる季節になりました。

現場に向かう八ヶ岳横断道沿いの山々も黄色、赤色、緑色のパッチワークになっています。
これからの季節は週末に紅葉(黄葉も)を観に訪れる方も多いのでは?
八ヶ岳周辺は回り込んだカーブも多いし、写真を撮るために道端で駐停車する人も多いので、紅葉に見惚れて事故など起こされませんよう。さてさて今日も防火線の草刈りに行ってまいりました。

最近では日暮れもぐんぐん早くなってきているので時間を有効に使うためにも7時過ぎには現場で仕事を始めています。

朝から夕刻までメトロノームのように刈払い動作を繰り返して「今年はずいぶん草を刈ったなぁ」と考えておりました。
梅雨に打たれながら、そして炎天下でも下刈りに励みましたが、今の季節は体を動かせば、ほんのり汗ばむ程度で水分の摂取量も多くなくて快適です。

先輩たちと比較するとまだまだですが、刈払い機の扱いも向上したと思います。
今回も防火線でたくさんの草を刈れるのでスキルアップするには良いチャンスだと考えています(-_^)

そんなふうに1日の仕事を終えて事務所に帰って来ると…。別の作業現場に赴いていた仲間も戻って来ます。

無事に1日終わったねえ…って感じで「おつかれさまで~す!」と言葉を交わすのは、とっても大好きな瞬間です。

それでは明日も早起きだで寝ま~すzzZZ

防火線 その2

今日の天女山は、重機伐採、特殊伐採、県林務への提出書類作成、防火線草刈りでした。

ハタは今朝トイレにスマホを置き忘れ、ブログネタの写真が撮れないから、今日は隠し玉の「閑話休題」ネタかな~と思っていたらH先輩が写真を転送してくれました。▲撮影者の姿は普段は出ないので何だか嬉しい(笑)

山火事の延焼を防ぐために列状に木を伐採して、そこに生えている草を毎年刈ります。ゴルフ場のような所なら刈りやすそうですが、岩もゴロゴロしてますので刃を縦にして隙間に入れたり結構大変なんです。今日はS&H先輩と3人で刈りましたが、2人から「ダメダメ!なっちょらん!」と厳しい指導を受け、ハタの「べ」先輩化計画を発動されてしまいました(笑)「べ」先輩って刈払いマシーンと呼ばれてるほど…なんですよね。

現在、3か所ある草刈り現場の1か所目ですが、何とか明日でドン突きまで行けるかな?

さて明日に備えて寝るだ。

2015 林業機械展 in 飛騨高山

連休最終日の天女山は岐阜まで林業機械展の見学でした。朝6:00に会社を出発!スキー場を借り切って様々な林業機械が展示&デモされていました。ぐるぐる見て回っていると知った顔にも何人も出くわしましたね~(笑)チェンソーメーカーのブースでも興味のある機種を皆でいじり倒したり…。ハスクバーナのブースではWLC日本代表の見事な枝払いの実演を見学して…。STIHLのブースではWLCの日本チャンプからチェンソーやテクニックについて話を聞けたりもしました。

さてさて帰りは少し飛騨高山の古い町並みを散策して…。飛騨牛をしっかり堪能してまいりました~( ̄ー ̄)緊張感のある実際の作業中とは異なる皆のリラックスした表情や馬鹿話もオンパレードで楽しかった。ウチの会社ってホント仲良いよなぁ…と思っちゃったです(^.^)
明日から、また頑張りましょう!

防火線草刈りの始まり~!

本日の天女山は、防火線の草刈り、薪作り、皆伐の片付けでした。

防火線の草刈りは毎年恒例の仕事です。現場は3箇所ありますが、まずは一番標高の高い所からスタートです。

なぜかって?標高1600mある現場では予想外に早く雪が降リ始めるんですよ。その前に刈らないとワヤですからね~(笑)こんな草ボーボーですけど、これがスッキリきれいになるんです。

今は緑豊かな八ヶ岳山麓ですが、昔は山火事がしょっちゅうで山が丸坊主だった時期があったのです。

そんなことから防火線が整備されるようになったのですね。これからしばらく防火線での草刈りが続きますが、また続編もお届けしたいと思ってます(-_^)

閑話休題

今日の天女山は、特殊伐採、重機伐採2件、間伐&獣害防除の支度でした。

今朝の冷え込みは一段と強くなって現場でも初霜が見られました。

それでも日中の日向は秋の陽光が心地良かったです。▲昼食後にウトウトしていたら気付かぬ間に日陰になっていて寒さで目が覚めました。

さてさて先日、傷めてしまったチェンソーが直ってきました。破損したパーツを交換する際にプラグや燃調も診ていただけたようでエンジンの吹け具合いやアイドリングの安定も良く絶好調です(^L^)

エンジン回転の息尽きやアイドリング不調は自分でもマニュアル見ながらキャブ調整していたのですが改善しなかったのにね。

やっぱりプロのメカさんの腕は凄いです。

山梨機材の清水さん、ありがとうございましたm(._.)m

せっかく直ったチェンソー君ですが、明日からはしばらく待機で、刈り払い機で防火線の草をビシバシ刈り払いま~す。

間伐&獣害防除の支度です

本日の天女山は、特殊伐採2件、重機伐採、間伐及び獣害防除の準備でした。

自分は間伐etc.準備チームだったのですが…朝イチのっけからトラブル発生!
現場の林道の脇に車を停めて鍵を秘密の場所に隠しておこうとしたら、キーホルダーがちぎれて奥まったところに入り込んでしまいました^^;
狭い所で手指も入らずジャッキアップして落ちたと思しき部分のパーツを外したりして何とか回収出来たから良かったようなものの…(笑)

さて、仕事は間伐の設計を取り写真撮影。
次に獣害防除を施す針葉樹の選木です。
900本近くありますが明日で選木を終えたいところです。
それが終わると間伐に入り、その後、選木した木に獣害除けのシート巻きます。

好天なれど秋風冷たし

今日の天女山は、特殊伐採2件、重機伐採、切捨て間伐の準備等でした。

それにしても涼しく…いや朝夕は肌寒くすら感じるほどになりました。
作業中は汗ばむのですが、水分の摂取量も随分と減っています。
そろそろ作業中の着衣も季節に合わせて変えていく時期です。

さて今日は民地での重機伐採でした。

主に赤松の伐採ですが、さほど広くない立地のため、倒し方や枝の置き場に苦労しつつやっています。

当分は好天が続きそうな予報なので、この機にどんどん仕事を進めておかなければいけません( ̄+ー ̄)

「緑の雇用」2年生 間伐実習 その2

週明けの天女山のお仕事は、特殊伐採2件、皆伐、小学生の間伐体験、そして研修組に分かれてのスタートです。

「緑の雇用」2年生の3人は、前回に引き続いて南アルプス市にある公社林でのヒノキの間伐実習でしたが…弊社の小宮山専務も講師ですので天女山三羽ガラスは気が抜けません^^;

開始前に目立ての時間を取ります。
季節柄、間伐でチェンソーを多用するのは同期生たちも同じようで、使用後のメンテはすでに出来ていてチェック程度で完了。

講師のM先生の指導のもと選木して伐倒していきます。
間伐実習は昨年度もありましたが他社の同期生も腕を上げていて動きが滑らかです。
伐倒方向の見極め、受け口切り、追い口切り、枝払いもスピーディーになっていて1人の所要時間が短縮しているので順番が回ってくるのも昨年度とは比較にならないほど速くなりました。
今回は各自が持ってきている幾つかのメーカーのチェンソーを替えっこしたりして、その特長も印象深かったです。
同じ機械でも使っているソーチェーンの種類も異なっているし、刃の研ぎ方も異なります。
自分の研ぎ方とは随分違う仕上がりになっている刃がとても切れたりして、その研ぎ方についていろいろ話し合ったりも出来て有意義な研修でした。

今月は、あと2回の伐倒、造材の研修がありますが、これもまた楽しみです(^.^)

森林調査の続き

今日の天女山は、特殊伐採、切り捨て間伐の完成書類作成、製材に分かれての作業でした。
ハタは「べ」先輩と森林調査でした。
午前は前回の区域の修正部分の確定とサンプリングを5か所取り終えて、午後からは別の箇所の区域確認とサンプリングを3か所取って完了です!

「べ」先輩は山岳部出身で山中での方向の把握や足元の悪い所の歩き方が上手です。
区域確認では以前に入れた古いマーキングや笹に埋もれた作業跡を目標に新しく区域のマーキングを施していくのですが、標の見つけ方や目の付けどころを教えてもらい随分と勉強になりました。
とくに今回は等高線の入った地図が無かったので、沢や尾根からおおよその位置を割り出していくことが出来ず、そんな中で端緒となるモノを見つけ辿っていくやり方はとても有効でした。

沢筋や林相がくっきり変わるところ、あるいは動かない岩(マーキングされていることも多い)やポツンと生えている周囲とは明らかに異なる樹種等は気を付けるべきポイントですね。

とにかく今日もよく歩きました。
スマホに付属した万歩計を信じるなら15,459歩、距離にして12.88km!
昨夜の雨で膝上まで丈のある笹が濡れているだろうと、山履にはフィット性に劣る長靴で歩いたので脚が疲れました~。

切り捨て間伐完了&危険木処理

今日の朝は明るい曇りでしたが昼頃からポツポツ降り始め、山の中は霧でした。

あまり強い降りになる前に先日から入っていた切り捨て間伐の現場がめでたく完了!

これで明日は完成写真を撮りに行き書類を仕上げ検査が通れば終了です。

現場から帰ってきてチェンソーの手入れをしていると…危険木の処理に赴いたN班長から連絡があり、急遽チルホールを引くお手伝いにスクランブル発進です。

チルホールとはフリーで倒すにはリスクのある木を目的の方向へワイヤで引っ張っておく装置で、今日使ったのは5tのチルホールです。

天女山の人間起重機「べ」先輩と同期Sがぐいぐい引っ張り無事に倒れました(^.^)

明日は午前中は雨が残るようです。
風も強そうだから気をつけて作業しなくては…。
プロフィール

山師

Author:山師
有限会社天女山は、山梨県北杜市の八ヶ岳南麓を中心に活動する林業事業体です。
森林整備や屋敷木伐採、危険木伐採及び木材に関する事でしたら、何でもご相談下さい。

facebookにも
ページがあります。
こちらのイイねボタンで
天女山ページの更新が
ご自身のフィードに
表示されます。
いいねしていただけると
うれしいです。




最新記事
来訪者
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR