道作り

今日は久しぶりに雨具を着なくても作業ができる天候になりました。

弊社の現場のうち、間伐作業が控えている北杜市大泉町のカラマツ林では、伐採後の丸太の搬出に欠かせない作業道の開設が本格化。今日も重機2台がフル回転しました。

新人の私は道作りで邪魔になる木を伐採する役割。間伐作業に向けた格好の実戦訓練となるだけに、チェーンソーを持つ手に自然と力が入ります。



写真はカメラを向けるとポーズ(?)を取ってくれたK部長運転の重機です。

明日も同じ現場で作業があります。天気はいまいちのようですが、伐倒技術アップに向けて頑張ります!
スポンサーサイト

除伐

今日は林業新規就業者を対象とする緑の雇用制度の実習が山梨県南アルプス市のヒノキ人工林で開かれました。テーマは「除伐」。間伐と異なり一般にはなじみが薄い言葉かもしれませんが、植林した木々の間に生えて生育を妨げる潅木を伐る作業となります。通常はチェーンソーではなく、効率性などを考慮して刈り払い機を使います。

160927ブログ

講師は弊社社長を含む2人。私にとっては初めての作業で、写真のように直径15センチ程度のある程度、太い立木を刈り払い機で安全に伐り倒す技術を教わりました。刈り払い機の刃の切れ味をキープするために欠かせない目立ての指導もあり、実践的な内容となりました。そして実習が終わると、うっそうとして暗い雰囲気だった林の中の一部が、見違えるように明るく風通しの良い空間に♪除伐の重要性と効果を実感した瞬間でした。

除伐をはじめ、下刈りや枝打ちなどは良質材の生産につながります。いずれも比較的地味な作業ですが、ベテランと初心者では現場の仕上がりや作業スピードに大きな差が出るだけに、しっかりと技術を深めていきたいと思います!

「雨プロ」

八ケ岳南麓は今日も時折強い雨が降る梅雨のような天候になりました。弊社は山梨県北杜市を訪れている目黒区の小学5年生による間伐体験をサポートする仕事を受け持っていましたが、悪天のため、室内で林業の説明をしたり、お土産用の木製コースター作りを手伝ったりする「雨プログラム」に変更しました。

会場は北杜市高根町清里にある目黒区の宿泊施設。弊社スタッフなどによる映写機を使った林業や間伐作業などの説明の後、参加した35人の子供たちは2センチほどの厚さに切った丸太をしっかりと手で押さえ、丹念に紙やすりをかけるコースター作りに取り組みました。やすりの持ち方や木に当てる角度などを少しアドバイスするだけで、子供たちはぐんぐんやすりがけが上達。優しい手触りの木製コースターが完成しました。

予想以上に人気だったのが「雨プロ」でしか体験できない林業用のヘルメットやジャケットを試着して排気量50ccのプロ用チェーンソーを持ち上げてみるコーナー。子供たちは列を作って参加し、「わーっ、すごい重い!」とチェーンソーを持った感想などが次々と聞かれました。

160922ブログ

目黒区の小学校による林業体験は今月いっぱい続きます。天候が安定しない日があるかもしれませんが、子供たちの心に残る体験となるようスタッフ一同、工夫していきたいと思います!

台風一過…

八ケ岳南麓も昨日は台風16号の影響で一時、非常に強い雨が降りました。今日は「台風一過の青空」…は広がらず、一日中、細かい雨が降ったりやんだりするぐずついた空模様になりました。

写真は北杜市大泉町で弊社が本日行った特殊伐採の現場です。モノクロ写真のように見えますが、午前中の一時期は濃い霧が立ち込めて水墨画のような光景が見られました。

160921ブログ

今年の山梨県内は8月以降、台風や前線の影響などでぐずついた天候の日が多く、各地で農作物の生育に響いているようです。今日も台風一過の青空とは程遠い天候で日中も気温が上がらず、弊社スタッフからは「そろそろ会社の休憩室にストーブ出す季節だな」との声も聞かれました。

あっという間に過ぎ去った八ケ岳の夏。週末からは少し天気が回復するようです。秋冬は山仕事の繁忙期だけに、天気予報とにらめっこをする日がしばらく続きそうです。

新型チッパー

夏場の下刈り作業が終わり、弊社では重機を使った民有地での伐採やクレーン車を使った特殊伐採など伐採関係の仕事が本格的に再開しています。伐採後に出る枝葉の処理に欠かせないのが「チッパー」と呼ばれる重機。以前、本ブログでも紹介しましたが、かさばる枝葉をチップ状に細かく粉砕してくれます。

弊社では先日、新しい大型チッパーをレンタルして使う機会がありました。枝葉を作業者が手で持ち上げて投入口に入れる従来式と比べ、重機でつかんでベルトコンベヤーに置くと、自動的に投入口に送られる方式のため、大幅な省力化と処理速度の向上が図られます。難点は大きいため、現場に搬送する際に大型のトラックが必要となる点です。

160915ブログ


今回、試験使用した大型チッパーの成果はまずます。チッパーの重労働から解放される日も近いのかも知れません!?


にぎやかな森

今月は林業体験教室月間。先週に引き続き今日も東京都目黒区の小学校から5年生の子供たち約70人が北杜市大泉町のカラマツ人工林を訪れました。弊社スタッフによるチェーンソーを使った伐倒のデモンストレーションや子供たちによるのこぎりを使ったカラマツの伐倒、お土産用の丸太の玉切りなどが主なメニューです。

160909ブログ

慣れないのこぎりを使った作業に最初はおっかなびっくりの子供もいましたが、だんだんとコツをつかんで手を動かすごとに丸太が切れてのこ屑が出ると大喜び。今回も集中して時間ぎりぎりまでのこぎりを手放そうとしない子供が多くいて嬉しくなりました。

自分の子供時代を振り返ってみても、自然の中で体を動かして遊んだ経験は今でも忘れられない思い出になっています。今回参加してくれた子供たちは将来いろいろな仕事に就くと思いますが、大きくなっても林業や森のことに少しでも興味を持ってくれたらいいな、と思いをはせながら、今日も安全に体験教室を終了できたことに感謝して山を降りました。

我慢

八ケ岳南麓では日中は赤トンボが飛び交い、夜は虫の音が聴こえるなど少しずつ秋の気配が漂いつつあります。そんな中で夏以降、山で働く私たちの警戒要因となっているのがスズメバチに代表される有毒のハチ。地面に巣を造るジバチ(通称=ヘボ)やオオスズメバチ(通称=オオクダ)、アシナガバチなどいくつか種類があるようですが、いずれも刺されると体質などによっては深刻な状態になります。

今日は北杜市大泉町のカラマツ人工林の林縁で昼食のお弁当を広げるとキイロスズメバチでしょうか。どこからともなく一匹が飛来して執拗に弁当のおかずに興味を示しました。中でも鶏肉の煮物が気になるようで、飛び去ったと思ってはUターンして弁当箱の中を動き回る行動が10分ほど続きました。

160907ブログ

「警戒させると攻撃してくる恐れがある」と、先輩たちから常々教わっているので静かに見守りますが、弁当にはしをつけられない状態に…。ようやく飛び去ったのを確認し、ハチが少しかじった煮物やご飯を無事お腹におさめることができました。

山では秋が過ぎるまではハチ刺されの被害に十分な注意が必要とのこと。盛夏が過ぎてハチに対する警戒心が少し緩んでいましたが、現場作業には撃退スプレーや万一刺された際の毒吸引キットなどを忘れずに持参する必要性を実感した一日となりました。

山の幸

9月に入り、八ケ岳南麓では日中の厳しい暑さがだいぶ和らぐとともに、朝晩はだいぶ涼しくなってきました。
写真は北杜市大泉町のカラマツ人工林に生えていた食用の「タマゴタケ」。タマゴの黄身のような鮮やかな色彩が森の中で存在感を放ちます。採取したY部長が「バターでソテーして少ししょう油を垂らすとおいしいよ」とキノコ初心者の私にプレゼントしてくれました。

160906ブログ

帰宅後にさっそく調理すると野生キノコの風味がありつつ、なかなか上品な味わい!一足早く秋の味覚を楽しみました。

今年は雨が多いせいか、山にはぽつぽつと野生キノコが姿を見せ始めています。春の山菜と並んで人々を魅了するキノコ採り。
食中毒に十分注意しながら、一つずつ名前を覚えてキノコライフを楽しみたいと思います!

林業体験

今日は東京都目黒区の区立小学校に通う5年生の児童約40人が林業体験に訪れました。場所は山梨県北杜市大泉町のカラマツ人工林。心配していた雨にも降られず、弊社スタッフ4人がのこぎりを使ったカラマツの伐倒やお土産のコースター作りをお手伝いしました。



限られた時間でしたが子供たちは見るもの聴くものすべてに興味津々。伐倒が成功すると歓声と拍手が起こり、コースターを作るための丸太の玉切りでは、終了時間ぎりぎりまでのこぎりを手離そうとしない子供がたくさんいて嬉しくなりました♪

普段は都会で生活していても、機会さえあれば自然の中で体を動かしたり、道具を駆使して作業をしたりすることが大好きな子供が多い…。そのことを強く感じる体験会となりました。

目黒区立小学校による林業体験は今月いっぱい続き、これからも別の学校の子供たちが続々訪れます。安全面に配慮しつつ、いつまでも心に残る体験会になるよう、全力で迎えていきたいと思います!

伐採完了

三日間にわたり続けていた北杜市高根町のポプラの巨木の伐採作業が今日終わりました。樹齢は推定で100年ほど。ベテランのY部長が排気量70ccの大型チェーンソーを駆使し、最後に残した幹回りの部分にチェーンソーのバーを慎重に当てていきます。時間を掛けて削り込むようにして伐った後、大型クレーンで吊り上げてゆっくりと地面に降ろしました。

施主様と相談し、根元から伐らずに株の部分を残したため、伐採後も周囲と調和が取れた景観となりました。



根株からはこれから新しいひこばえが育っていきます。無事に作業を終えられたことに感謝しながら、少し秋の気配が漂い始めた現場を後にしました。
プロフィール

山師

Author:山師
有限会社天女山は、山梨県北杜市の八ヶ岳南麓を中心に活動する林業事業体です。
森林整備や屋敷木伐採、危険木伐採及び木材に関する事でしたら、何でもご相談下さい。

facebookにも
ページがあります。
こちらのイイねボタンで
天女山ページの更新が
ご自身のフィードに
表示されます。
いいねしていただけると
うれしいです。




最新記事
来訪者
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR