冬景色

八ケ岳南麓では今朝も冬らしい冷え込みとなり、下刈りや除伐などの環境整備をしている北杜市高根町清里の「学校寮地区」では、場所によっては先週降って融け残った雪を掘り返しながらの作業となりました。

寒さが厳しいと体にはこたえますが、美しい光景も見られます。
写真は地面に生えたコケ類に霜が降りた様子で、まるで沖縄料理の食材の海ブドウのよう。

161129ブログ①

昼過ぎには雲の切れ目から、雪化粧した八ケ岳の主峰・赤岳が荘厳な姿を見せてくれました。

161129ブログ

今年も気づけば間もなく師走。駆け足で冬に向かう自然に追われるように、弊社も忙しく現場作業を続けています。
スポンサーサイト

白銀

季節外れの降雪から一夜明けた今朝は、山梨県北杜市大泉町の標高1200メートル付近の弊社周辺は美しい銀世界に変わっていました。気温も冷え込み、作業用のダンプや軽トラのフロントガラスは分厚い霜で覆われています。

161125ブログ

写真は大泉町のカラマツ人工林に設けられた山火事延焼防止用の切り開きの今朝の様子。積雪は20センチほどで、振り返れば雪化粧をした富士山が視界に飛び込んできます。重いチェーンソーを持って雪の斜面を登り降りするのは楽ではありませんが、登り切るとぜいたくな展望が迎えてくれました。

明日からはこの切り開き周辺のカラマツ林で、本格的な間伐作業に入る予定です。冬の山仕事は「寒い、危ない、しんどい」などネガティブなイメージを抱かれがちかもしれませんが、自然の中で働く魅力を一層実感できる季節ではないでしょうか!?

異常気象?

暖かいというよりも季節外れの暑さを感じた昨日から一転、今日の八ケ岳南麓はこの時季らしい寒さとなりました。立木の伐採や下刈りなどの作業を行っている北杜市高根町清里付近(標高約1400メートル)の午後3時半ころの気温は道路上の気温表示板でマイナス1度。朝は時折小雪が舞い、日中も気温が上がらず、チェーンソー作業中は鼻水が止まりませんでした…。

しかし最も過酷なのはむき出しのコクピットに座って作業をする重機のオペレーター。体をあまり動かさない半面、両手や両足先、そして視覚に神経を集中させて重機を動かします。分厚いコートにひざ掛け、フリースジャケットをマフラー代わりに首元に巻き付ける完全防備でも体が芯から冷えるようです。終日オペレーターを務めたN部長、お疲れさまでした!!

161123ブログ

明日は東京都心でも、11月ではおよそ半世紀ぶりの降雪がある予報です。昨日の汗ばむ陽気から一転して真冬の寒さや降雪。屋外の現場仕事は気象の変化を感じやすいだけに、地球温暖化をはじめとする異常気象の影響を感じざるを得ない今日このごろです…。

閉講式

今日は林業新規就業者を対象とした「緑の雇用研修」の閉講式が山梨県中央市の県森林組合連合会で開かれました。私を含めて林業の世界に飛び込んでおおむね一年以内の県内の林業従事者13人が、半年間の研修を終えて、修了証書を受け取りました。

161117ブログ


最終回の今回の講義では、作業の安全に関する知識と理解に最も多くの時間が割かれました。林業は他産業と比べて労災事故の発生が非常に多く、安全の追求は不変のテーマです。講師の方は県内などで実際に起きた事故事例を説明し、「過信や焦り、気の緩みなどが事故を呼ぶ」とあらためて注意を促しました。

チェーンソー作業、重機作業、刈り払い機による下刈り、木材の運搬など、林業は重大事故を起こす可能性がある作業を避けて通れません。
研修で学んだことを生かしてさまざまな作業に習熟しつつ、慣れや過信による事故やけがを招かないように、一層気を引き締めて明日からの現場作業に臨みたいと思います!

高所作業

今日は山梨県甲斐市で高所作業車を使った私有地の整備を行いました。普段は山や森の中で仕事をすることがほとんどのため、県都・甲府市に近い住宅地での仕事は新鮮な感覚です。

写真は桐の木の枝や幹をチェーンソーで短く整理しているK部長。K部長は高所作業車を扱う資格を保有しています。この後、幹にロープをかけて引っ張りながら写真手前の駐車場に無事、伐倒することができました。ほかに写真右側に立ち並ぶ常緑樹の幹や枝をどんどん整理し、一帯はすっきりとした景観に生まれ変わりました。

161116ブログ

現場はスーパーの裏側のため、従業員の方などが時折往来し、近くでチェーンソーを動かすのは十分な注意が必要でした。
普段仕事をしている八ケ岳山麓から遠く離れた「アウェイ」での仕事でしたが、貴重な経験になりました!

雪の便り

今朝も車のフロントガラスに霜が降りる冷え込みとなりました。写真は通勤途中に撮影した八ケ岳・編笠山方面の山々。夜のうちに降ったのでしょうか。粉砂糖を振りかけたような新雪が朝日に照らされて美しいです。

161109ブログ②

しかし日差しが出ていたのも束の間。今日の作業現場のサンメドウズ清里スキー場(北杜市大泉町)下部の防火線に着くと、鉛色の雪雲に覆われた真冬のような景色が広がっていました。空からは雪が舞い落ち、周辺の笹の葉などもうっすらと雪化粧しています。

161109ブログ

明日も朝晩を中心に冷え込みが続きそうです。冬場は山仕事が忙しい時期。今年は風邪が流行っているだけに、体調管理に万全を期たいと思います。

造材・その2

今日は林業新規就業者を対象とする「緑の雇用研修」が山梨県富士川町で開かれました。前回に続きテーマは「造材」。伐倒した木から商品として出荷する丸太を切り出す作業です。

今回、対象としたヒノキは、木造家屋の柱などで需要があり、3メートルか6メートルの丸太に仕上げて出荷するのが一般的。研修では受講生が伐り倒した高さ15メートルほどのヒノキを対象に、切り出す丸太の長さの組み合わせを2種類に変えて造材した場合の価格を算出してみました。講師は弊社社長です。

161108ブログ

すると切り出す丸太の長さの組み合わせなどによって、現在の市場価格に当てはめると、同じ1本の木あたりで1000円近い価格差が生じました。幹の途中の曲がった部分を丸太からどう除くか、または組み込むかなどで価格が違ってくることが分かりました。

造材は一本の木から切り出す丸太の長さにさまざまな組み合わせがあり、木の曲がりなども考慮して最適な組み合わせを見出すのは経験と知識が必要です。さらに「ヒノキやカラマツなど樹種に応じて用途が異なり、造材の考え方も違ってくる」と弊社社長。道のりは長いですが、経験を重ねて素早く的確に造材をできるようになりたいと思います!

片付け

今朝は標高800メートルほどの我が家で、今季初めて車のフロントガラスに霜が降りました。しかし日中はポカポカ陽気に。北杜市大泉町のサンメドウズ清里スキー場近くの防火線で刈り草の片付け作業をしていると、汗ばむほどでした。

この片付け作業。刈り取った草を防火線の外に出すシンプルな仕事ですが、スキー場の林間コースのような長い防火線全域に大量の刈り草が散乱しています。強い風を送って草を吹き飛ばすエンジン式のブロアー2台と熊手の混成部隊で、防火線の上部から下部に向かって草を動かしながら移動し、さらにナイロン歯を付けた刈り払い機で草丈などを調整して完璧を期します。

161107ブログ

広大な面積だけに、効率よく大量の草を片付けるにはブロアーを使う人同士、またブロアーと熊手を使う人とのコンビネーションが重要になります。防火線はこの現場のほかにあと3カ所。林業一年目の身としては慣れない作業もありますが、効率と仕上がりを意識してどんどん刈り草を片付けていきたいと思います!

造材

今日は林業新規就業者を対象とする「緑の雇用研修」が山梨県富士川町で開かれました。テーマは「造材」。伐り倒した木を商品としての丸太にするため、特定の長さで玉切りする作業です。

簡単そうですが、通常、木には随所に曲がりがあり、また先端部(梢=こずえ)に近づくほど直径が細くなります。一般的には「太くてまっすぐで長い丸太」に高値がつきますが、需要がある丸太の長さや太さは樹種によって異なります。

161104ブログ

今回の研修で伐り倒したヒノキの場合、柱材などとして市場で流通している丸太は3メートルと6メートルが一般的で、どちらかの長さになるように玉切りする必要があります。また直径によっても価格や用途が異なるため、留意して造材をします。

微妙な曲がりをいかに避けて、あるいは丸太の一部に取り込んで、価格が高い丸太に仕上げるか…。今回の研修では曲がりの見方や解釈によって、さまざまな造材のパターンがあることも学びました。
木材に関する深い知識と経験が求められる造材。まるでパズルのようです。奥が深く、一朝一夕には身に付きませんが、実践を繰り返しながら習得していきたいと思います!

晩秋

暖かい日が比較的多かった今秋ですが、八ケ岳南麓ではここ数日、朝晩を中心に冷え込みが本格化しています。昨日は八ケ岳連峰の稜線部などがうっすらと冠雪している様子を麓から確認できました。

さて弊社が現在、下草刈りなどの作業をしている北杜市高根町清里の通称「学校寮地区」(標高約1300メートル)でも、秋の深まりを感じさせる光景が随所に見られます。

161102ブログ
▲道路沿いのドウダンツツジ。美しく紅葉した

161102ブログ②
▲モミジの黄葉で彩られた作業現場

161101ブログ
▲ミズナラなどの落葉で覆われた学校寮地区の道路

清里方面などの現場では今日日中の最高気温は5度程度だった模様。まだ体が寒さに慣れていないので、明日も冬用アンダーウェアの着用など寒さ対策を万全にして現場に向かいたいと思います。

プロフィール

山師

Author:山師
有限会社天女山は、山梨県北杜市の八ヶ岳南麓を中心に活動する林業事業体です。
森林整備や屋敷木伐採、危険木伐採及び木材に関する事でしたら、何でもご相談下さい。

facebookにも
ページがあります。
こちらのイイねボタンで
天女山ページの更新が
ご自身のフィードに
表示されます。
いいねしていただけると
うれしいです。




最新記事
来訪者
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR