FC2ブログ

不整地運搬車

不整地運搬車の運転に必要な技能講習が昨日と本日、韮崎市などで開かれました。不整地運搬車とは、その名の通り、地盤が緩い工事現場や森の中など、通常のダンプカーなどでは走行できない悪路で、重い荷を積んで走るための車両を呼びます。

170830ブログ

主にクローラー(通称=キャタピラ)で駆動し、写真のように荷台をダンプアップできるタイプが中心。土砂や砂利、丸太などの移動に使われます。

弊社ではあまり使う機会はありませんが、重い荷を積み込んで傾斜地を走行する際の転倒予防策など、他の林業用機械の操作に共通する教習内容が多く、作業中の事故防止に向けて実り多い二日間でした。

ちなみに昨日の学科講習は甲府市、本日の実技は甲府盆地に近い韮崎市で開かれ、普段標高1000メートル以上の八ケ岳山麓で仕事をしている身には暑さがこたえました(+o+)

下界の暑さの一方で、八ケ岳山麓ではこのところ、夜には秋の虫の音がにぎやかになってきました。
一足早い秋の光景も今後随時ご報告します!

スポンサーサイト

道普請

以前、当ブログでご紹介したように、現在弊社が集材作業をしている北杜市大泉町のカラマツ人工林の間伐現場は、八ケ岳山麓特有の黒土で覆われているため、雨の後は重機が通る作業道が極度にぬかるみ、走行型集材機械が事実上、通行できなくなります。

170828ブログ①

このため、作業道の補強と手直しが欠かせません。

170828ブログ②

写真は水がたまった箇所を排水し、丸太を横に並べて補強をしている場面。重くて丈夫なカラマツ丸太を敷くことで、重い丸太を積み込んで移動する走行型集材機械の沈み込みを防ぎます。このほかにピンポイントで大きく沈み込む場所には、平らで大きい石を埋め込むこともあります。作業班長のN部長が中心となり、現場にある身近な材料を最大限工夫して使いながら、少しでも丈夫で走りやすい道に仕上がるように知恵を絞ります。

夕方の道直しは明日の集材作業に向けた大切な仕事。広い間伐現場での集材はまだまだ続きます。

新型機械!

八ケ岳の森の中を突き進む巨大なトラクター―。

170826ブログ②

弊社はこのほどトラクター型の走行型集材機械(フォワーダ)を初めてレンタルしました。特徴は何と言っても走破性の高さ。前輪が巨大なタイヤ、後輪がクローラーになっていて、それぞれが独立して動く四輪駆動構造のため、ぬかるんだ道では抜群の威力を発揮します。

間伐したカラマツ丸太の集材作業をしている北杜市大泉町の現場は、八ケ岳山麓特有の黒土で覆われていて、雨の後は作業道が底なし沼のようにぬかるみます。ぬかるんだ箇所には丸太を横に並べて補強していますが、弊社が所有するクローラー型の通常のフォワーダではほぼ走行不可能なのが現状です。

今回のトラクター型集材機械は県内ではまだ珍しいタイプ。車両重量が重いため、作業道に負担が掛かり、道に敷いた丸太を並べ直す手直しが必要など課題もありますが、ハードな路面状態でも突き進む頼もしいマシンです。

写真はレンタル初日にオペレーターを務めたK部長。そのワイルドな風貌が新型マシンと抜群にマッチし、まるで何年も乗っているような雰囲気を醸し出しています。

170826ブログ①

集材作業は今まさに佳境。新型マシンといえども雨は大敵です。
作業道の路面状態を悪化させる雨が降らぬよう祈る日々が続きます。

大ジャンプ!

森の中の自転車コースで圧巻の大ジャンプ!!

弊社は先日、北杜市長坂町に設けられたBMX(自転車モトクロス)のコースを整備する仕事に携わりました。コース脇の木を伐採して場内の見通しを良くする作業です。

このBMXコース、世界的プロライダーの栗瀬裕太さんが重機などを使って自力で作り上げたもので、大きなジャンプ台がいくつも設けられている全国でも珍しい国際基準のコースとのこと。今後、八ケ岳の麓の北杜市でBMXの国際大会が開かれれば、地元も大いに盛り上がりそうです!

170822ブログ③

子供や初心者向けのコースもあり、一般の人でも使えるので、休日に親子でBMXを体験するのも面白いかもしれません。
写真は栗瀬さんたちによる練習風景。自転車を意のままに操り宙を舞う驚愕のジャンプシーンに思わず鳥肌が立ちました!

栗瀬さんたちの今後の活躍に期待大!地元としても応援していきたいと感じました!

樹上作業

当ブログで以前ご紹介したように、弊社では先日、2人のスタッフが、アーボリストの養成講習を受講してきました。アーボリストとは、ロープなどを使って人力で木に登り、樹上で枝や幹を伐採して安全に地上に降ろす特殊技術を持った職人の呼称です。高所作業だけに、さまざまな専用器具を使いこなした安全確保技術や、複雑なロープワークが成否を握ります。

この技術を使う初仕事がこのほど北杜市内であり、養成講習を受講したうちの一人のK部長が本番に挑みました!

170819ブログ

ナラやクルミの木の枝降ろしや幹の玉切りを中心とする作業で、雨模様のあいにくの天候でしたが、そこは本番に強いK部長。腰にチェーンソーを下げ、靴に専用のつめを付けるとするすると木に登り、終始安定した動きで樹上での伐採などを予定通り終えました!

アーボリストによる作業は、重機が入れない狭い場所などでも大木の伐採や枝降ろしなどを安全にできること。
民家敷地内の大木の伐採などの需要が増えている中、会社全体で技術を高めていきたいと思います!!

無事終了!!

弊社を含む地元企業などでつくる「山存グループ」が「山の日」の11日に開いた「山存フェスタ2017」がおかげさまで無事終了しました!!
当日は午前中を中心に雨模様のぐずついた天気でしたが、会場となった北杜市高根町清里の「清里の森」には、親子連れを中心に昨年の2倍の約400人の方々が訪れ、にぎやかな雰囲気に包まれました。
初開催だった昨年と同様、「八ケ岳の暮らしを応援します」をコンセプトに掲げた今年の山存フェスタの様子をご紹介します!



170813ブログ①

▲プロ農家による家庭菜園講座に聴き入る来場者

170813ブログ③

▲親子連れに人気だった木製キーホルダーの手作りコーナー

170813ブログ④

▲昨年に続き行列ができた高所作業車の乗車体験

170813ブログ⑦

▲会場に彩りを添えた植物販売のブース

170813ブログ⑥

▲地元工務店によるDIY講座も大盛況

170813ブログ⑤

▲子供たちの夏の思い出になった木工体験

170813ブログ⑧

▲昨年に続き子供たちに大人気だった林業用重機の乗車体験

170813ブログ⑨

▲チェーンソーや刈り払い機の使い方などを熱心に学ぶ来場者

170813ブログ②

▲さわやかな芝生広場で同時開催されたフリーマーケット。さまざまな飲食ブースも並びました


第3回の山存フェスタは来年の山の日に開催予定です。八ケ岳の暮らしを総合サポートする山存グループを今後ともどうぞよろしくお願いします!!

入荷!!

弊社の土場にずらりと置かれた丸太。何に使うかわかるでしょうか??

170808ブログ

答えは薪ストーブ用の薪の原木です!
八ケ岳山麓は冬場はかなり冷え込みます。そんな中、優しい暖かさを醸し出し、ウッディな雰囲気を演出する薪ストーブを置く家が増えており、薪の需要は年々高まる一方。弊社にも薪のご注文が多く寄せられていますが、十分な在庫がないため、すぐにお応えできない場合もあります。
このほど、弊社の伐採現場で、まとまった量のナラを確保でき、ようやく土場に原木のストックができました。

標高が高い八ケ岳山麓は夏が過ぎれば秋はもうすぐそこ。頂いているたくさんのご注文に、まだすぐにお応えできる量ではありませんが、今後も薪原木のストック確保と安定供給に努めていきたいと思います!

イベント準備!!

弊社や地元企業などで構成する「山存グループ」は、山暮らしをサポートするイベント「山存フェスタ2017」の開催に向けた準備を進めています。薪作りやチェーンソー、刈り払い機のメンテナンスなどの相談受け付け、関連商品の販売、庭整備などなど、今年もさまざまなプロたちが会場でみなさまの疑問にお答えします。もちろん飲食ブースなど子供が楽しめるコーナーもあります!

170806ブログ

写真は丸太にチェーンソーで切れ込みを入れた「スウェーデントーチ」。丸太の中心に点火して炎を楽しむとともに、調理にも使えます。完成品を会場で販売するほか、制作体験もできます。

山存フェスタは昨年に続く二回目の開催で、日時は「山の日」の8月11日、会場は北杜市高根町の「清里の森」です。詳細は弊社ホームページでご紹介しています。

スタッフ一同、ご参加をお待ちしています!!

戦いすんで…

北杜市須玉町の約10ヘクタールの下刈りがようやく終了しました。3カ所の現場で、およそ1カ月以上の日数が掛かりましたが、終盤はスタッフ全員が総力戦で臨み、無事刈り終えることができました。

170804ブログ①

今年は昨年と比べて草丈が高く、また草の密度も濃かったため、全体的にハードな作業が続きました。加えて中盤ころは暑さが厳しく、体力の消耗に拍車を掛けました。

170804ブログ②
▲下刈り現場に隣接する作業区域外のエリア。下刈りをしないとバラやススキなどが生い茂り、植えた苗の成長を著しく阻害します

170804ブログ③
▲酷使した刈り払い機をメンテナンス

下刈り以外の別の現場の作業を進めてくれたスタッフを含め、今年もチームワークで乗り切れました。
お盆休みはもうすぐ!休みの前に控える次なる仕事に向けて、コンディションを整え直して頑張ります!

「クスサン」

芸術的なエメラルドグリーンの色合い、白い長毛で覆われたシルキーな外観。想像を超えたボリューム感…。
北杜市須玉町の下刈り現場に現れた巨大なイモムシ。クリの木の葉などに多く発生し、地元などでは「クスサン」と呼ばれ、年によっては大発生することもあるようです。

170802ブログ①

▲LLサイズの手袋の上でこの大きさ!!

正体は大型の蛾の幼虫で、体長は7センチほどあったでしょうか。クリの葉に付いていたものが地面に落ちたようで、クリの木の下で見つけました。

170802ブログ②

通常のイモムシを大きく超えるボリューム感と美しさで、思わず手に取ってしまいました。写真を撮った後はクリの木の枝の上に戻してあげました。

人知を超える自然の神秘を感じたクスサンとの出会いでした!!

プロフィール

山師

Author:山師
有限会社天女山は、山梨県北杜市の八ヶ岳南麓を中心に活動する林業事業体です。
森林整備や屋敷木伐採、危険木伐採及び木材に関する事でしたら、何でもご相談下さい。

facebookにも
ページがあります。
こちらのイイねボタンで
天女山ページの更新が
ご自身のフィードに
表示されます。
いいねしていただけると
うれしいです。




最新記事
来訪者
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR