FC2ブログ

次世代林業者?!

この夏、弊社に地元の北杜高校2年生の男子1名がインターンシップで訪れてくれました。
弊社のある北杜市大泉町に住む16歳。
伐採や下刈りなどの現場で3日間、就業体験をしてもらいました。

180731ブログ②

資格上の問題で刈り払い機を使えないため、下刈りの現場では、獣害防止ネットに絡みついたバラやツルを手鎌を使って丁寧に取り除く作業を任せました。暑さが厳しい時期ですが、トゲの生えた草たちを相手に音を上げることなく、黙々と取り組んでくれ、頼もしさと若さを感じさせました。

180731ブログ①

自宅から高校まで夏も冬も自転車通学をしているとのこと。標高差は片道500メートルほどでしょうか。部活は囲碁将棋部で、文武両道を地で行く若者。「自然にかかわる仕事に興味があり、林業のインターンシップを選んだ」ときっかけを話します。

「下刈りでは、どんどん草がなくなっていき、すごいと思った。林業に興味を持った」と、ひたいの汗をぬぐいながら語る姿が、夏空の下でまぶしく映りました☆
スポンサーサイト

美大志望

酷暑に台風と夏真っ盛りの日和が続いている八ケ岳山麓ですが、森の中では天然キノコたちが少しずつ顔を出してきました。

写真は食用キノコのタマゴタケ。

180729ブログ

おまえは美大志望か?と思わず突っ込みたくなるようなグラフィック性の高いフォルムと色彩に、初めて見たひとは間違いなく視線が釘付けになります。自然の造形美としかいいようのないアーティスティックなデザイン。

目立つ外観とは裏腹に、味や食感は意外と淡泊で、鶏卵のような濃厚さはありません(笑)

多くの方が心待ちにしている(?)今年の八ケ岳のキノコ情報。今後も随時お伝えしまーす(*^-^*)

名シーン

船上での男女のラブロマンスを描き大ヒットとなった映画「タイタニック」。
作品を特徴づけるこのポーズを真似した方も多いと思います。

180722ブログ②

なんと北杜市大泉町で弊社が手掛けた伐採現場でもおなじみのシーンが!!

180722ブログ①

炎天下、ヘルメットをかぶり、分厚いチェーンソー用防護パンツに身を包んだスタッフ2人が、伐り株の上で密着しています。
急な法面にある狭い切り株の上に立つとかなりの高度感。酷暑の中で続けられたクレーン伐採が無事終了した解放感や達成感がひしひしと伝わってきます。

週明けも暑さが続くようです。
安全第一のためにも、無理せず、なるべく心にゆとりを持って、早め早めの休憩で乗り切っていきたいと思います!!

搬出スタート

今月も弊社は現場作業が立て込んでいます。下刈り、特殊伐採、民地の支障木の伐採、森林調査etc…。
その一つで、個人住宅に隣接する林地の支障木伐採がようやく終わり、丸太の搬出がスタートしました。

180720ブログ②

急傾斜の立地条件に加え、猛暑の中での作業でしたが、施主様のご協力と、作業班長のN部長による的確な重機操作&汗だくでチェーンソーを回すスタッフへの度々のアイスの差し入れなどで、無事に大径木の伐倒が終了!!施主様の庭にダンプの進入路を造らせてもらい、アカマツやカラマツの立派な丸太の搬出が始まりました。

八ケ岳方面も連日、記録的な高温が続いていて、ついに体調を崩すスタッフも出てきました…。
「急がば回れ」
来週も酷暑が続く予報。日陰での休憩や水分・塩分補給を心掛けながら、焦らず、確実に作業を進めていきたいと思います!!

コントラスト

北杜市須玉町津金地区の6ヘクタールの植林地で6月から続けている下刈り作業が、いよいよ大詰めを迎えました。
写真右側の茶色い部分が刈り終えた場所、左側の緑の部分が、これから刈るエリアとなります。

180719ブログ

この植林地にはヒノキやカラマツの苗が植えられていて、刈り終えた場所には、等間隔で整然と植えられた苗が残ります。夏の下刈りはハードな作業ですが、こうして刈り終わった日々の「成果」を一目で確認できる独特の達成感があります。

この現場が終わったら、同じ山の連なりにある広大な別の現場での下刈りが待っています。
この先、一週間も同様の暑さが続く予報。水分と塩分をこまめに補給し、休憩を十分に取りながら、全面積の下刈りを無事に完了させたいと思います(*^-^*)

夏のごちそう

全国的な熱波は、八ケ岳山麓にも及んでいます。標高1000メートルほどの現場でも日が昇るとうだるような暑さに…。
そんな中でチェーンソーや刈り払い機を一日動かしていると、全身汗びっしょりになります。

そんな中、以前ご紹介した、弊社のベテランスタッフおススメの「そうめん弁当」を試してみました。

180710ブログ④

めん、具材、つゆをそれぞれ別の容器に入れ、食べるときに合わせます。栄養価を考えて、具材にはキュウリとトマトのほかに自家製温泉たまごを二つ。焼きのりや白ごま、大葉などの薬味も加えました。冷やし中華のような取り合わせになってしまいましたが、清涼感は抜群!!
用意した3束のめんが、あっという間に胃袋に収まりました。

めんをゆでて、さらに、そのゆで汁で温泉たまごを作れば準備も意外に簡単なそうめん弁当。
これからの時季、外仕事だけではなく、デスクワークや子どものお弁当にもいかがでしょうか??

ミーティング+α

今年の八ケ岳山麓は、全国各地と同様、梅雨明け以降も不順な天候が続いています。雨で現場作業ができない日もしばしば…。そんな雨の一日を活用して、先日、11人の全スタッフと社長が集まるミーティングを久しぶりにしました。
メインテーマは本年度の会社の指針の確認。①安全最優先②高品質な施行③一人ひとりの作業効率アップ―などの基本方針のほか、各部門の売上目標などを共有しました。

180710ブログ①
▲ミーティング中はみんな真剣な表情

続く重要テーマが「山の日」の8月11日に北杜市高根町清里地区の「清里の森」で開かれる参加型イベント「山存フェスタ」の打ち合わせ。弊社を含む地元の専門企業が「山暮らし応援します」を基本コンセプトに開催するイベントで、樹木伐採や家屋の手入れなど、山暮らしの困りごとや質問にこたえるブース、DIY系の体験教室など、もりだくさんの内容です!
今年で3年目を迎える山存フェスタの詳細は追ってお伝えします(^-^)

さてミーティングのあとはお待ちかねのランチタイム♪新たに弊社に加わった事務スタッフも参加し、弊社御用達の某しゃぶしゃぶ店へ車で移動。各種お肉やデザートなどの食べ放題を心ゆくまで堪能し、明日への英気を養いました!!

180710ブログ②
▲楽しいランチタイム。おいしいお肉に顔がほころびます

社長、今回もごちそうさまでした♪!!

登ってきました!

北杜市には南アルプスの甲斐駒ヶ岳や八ケ岳の赤岳など、全国から登山者が訪れる名山があります。これらと並んで人気をあつめるのが、北杜市増冨地区にある瑞牆(みずがき)山(2,230メートル)。中国の山水画を思わせるスケールの大きな岩山の景観が特徴で、クライミングのメッカでもあります。先週末、弊社の山好きスタッフ二人がこの山に登ってきました。

登山者で混み合う一般ルートを避け、廃道になった登山道跡をたどるルートを選択。ミズナラを中心とする広葉樹の森の雰囲気や、荒々しい岩峰の景観を楽しみながら、静かな山歩きを満喫しました。

180710ブログ③

今回は入浴を見送りましたが、瑞牆山といえば、麓にある増冨ラジウム温泉!独自の湯質を求めて全国から常連客が訪れます。温泉街の落ち着いたたたずまいも魅力♪

途中に山小屋もあり、比較的手軽に高山の雰囲気を味わえる瑞牆山。日帰りでも泊りでも楽しめる、北杜市が誇る名峰のひとつです(*^-^*)

新食感宣言♪

この時季は以前もご紹介したように、陽当たりの良い林縁や植林地には、トゲの付いた幹が特徴のキイチゴがあちこちで赤い実を付けています。

このキイチゴ、休憩中などに口に入れると、口の中に甘い果汁とほのかな酸味が広がり、まさに天然のフルーツ。ただ栽培されているイチゴと比べて粒がかなり小さいため、しっかり味わう満足感は、なかなか得られません。

そこでK部長が考案したのが「食べずに我慢しながら、まず15個の実を集め、それをまとめて一度に口の中に放り込む」という方法。こうすることで、「まるで別の果物を食べているような、異次元のジューシー感や果実感を体感できる」とのこと。

180704ブログ④
▲苦心して15粒を採取

そこで、がんばって「上物」を15粒選んで摘み取り、いっぺんに味わってみると…。
K部長の説明の通りに、「別の新しいおいしい果物を、口いっぱいにほおばった」ような、未体験のジューシー感を得られました♪

180704ブログ③
▲モデルは??(詳しくは弊社ホームページのスタッフ紹介で^^)

普段、見慣れたものでも、遊び心を大事にしてひと工夫してみると、新たな発見や感動を得られる?!
山の中でキイチゴを見掛けたら、試してみるのも面白いと思います!(^^)!

半端ない

ある日の昼下がり、北杜市須玉町津金地区の山中で、炎天下での作業を終え、お弁当を食べるために林道に腰を下ろすと「うわー!!」という叫び声が!!
すわっ、何事か!?見るとスタッフの一人のくるぶし付近に、大きな毛虫が付いているではありませんか。

180704ブログ②
▲半端ない存在感

この毛虫、地元で「くっさん」などと呼ばれているヤママユの幼虫のようです。エメラルドグリーンの色彩に加え、体長が5センチを超えるビッグサイズのため、存在感も半端なく、音もなく自分の足にくっついていると思わず叫び声を上げてしまうのも納得できます。

180704ブログ①
▲あ~んぐり

どうやら頭上のクリの木から落ちてきた様子。スタッフの手助けを借りながら、崖を登って再び定位置の方向へ戻って行きました。
別のスタッフからは「それにしても、あんなに目立つ色彩で、どうして鳥に食べられないのだろう…」との素朴な疑問も。

「山に入ると毎日、不思議や発見がある」。月並みな表現ですが、思いがけないくっさんの登場に、まさに言い得て妙だとあらためて実感した一日でした(*^-^*)

プロフィール

山師

Author:山師
有限会社天女山は、山梨県北杜市の八ヶ岳南麓を中心に活動する林業事業体です。
森林整備や屋敷木伐採、危険木伐採及び木材に関する事でしたら、何でもご相談下さい。

facebookにも
ページがあります。
こちらのイイねボタンで
天女山ページの更新が
ご自身のフィードに
表示されます。
いいねしていただけると
うれしいです。




最新記事
来訪者
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR