FC2ブログ

オアシス

今週は八ケ岳山麓でも蒸し暑い日が目立ちました。とくに日陰がない場所でチェーンソーを回していると滝のような汗が…
日陰でのこまめな休憩と水分&塩分補給は欠かせません。

20190629083739fb4.jpg


写真は別荘地に隣接した伐採現場でのある日の休憩時間。現場のお隣に素敵なカフェがあり、3時の休憩タイムにお邪魔させていただきました♪

メニューは季節のフルーツがたっぷりと入ったフルーツクリームあんみつ。外のテラス席を使わせていただき、ぜいたくな味を楽しみます。
甘さ控えめの手作りのあんや白玉をゆっくりと味わい、エネルギーをチャージしました^_^

別荘地や観光地が随所にある、八ケ岳の林業ならではの午後の休憩タイムでした!!
スポンサーサイト



木製健康器具?!

弊社スタッフが真剣な表情で足を載せているのは、N部長が丸太をチェーンソーで切って手作りした健康器具。

20190628063444f1f.jpg


三角形の台座のような形をしていて、両足を載せて背筋を伸ばすと、太ももの裏の筋肉や筋が伸びるそうです。実際に使ってみると、うー伸びる伸びる!!かなり効きます(笑)

20190628063455c74.jpg


スポーツ選手などが使っているとのことで、市販品もあるようです。

八ケ岳の天然木使用。日々の健康づくりにいかがでしょうか?!

降雹

八ケ岳南麓では一昨日、標高が高い場所で、激しい雷雨と降雹に見舞われました。
写真は弊社の建物にスタッフが避難している様子。大粒の雹がバラバラとものすごい音を立てて降り注ぎました。

20190626064939865.jpg


さらに標高が高いところでは、降った雹が雪のように地面に積もった光景も。

雷雨が去ったあとは、富士山が見える方角の空に、見事な虹がかかりました。

20190626064949d1c.jpg


昨今の気象を代表するようなめまぐるしいお天気。林業への被害は聞かれませんが、高原野菜の生産現場では、降雹により、作物に大きな被害が出てしまったようです。

気象災害の怖さをあらためて感じさせた一瞬の嵐でした。

風倒木

八ケ岳南麓では、梅雨入り以降、台風並みの強風が吹いたり、一部の地域では側溝があふれるほどのゲリラ豪雨が夜間に降ったりする安定しない天候が続いています。

2019062112094880b.jpg


写真は北杜市大泉町の伐採現場。先週末の強風で、敷地内のカラマツが倒れているのを作業着手前に確認しました。幸い人家の方向には倒れなくてひと安心。
作業開始後は、危なそうな木を優先して伐っていきます。

こうしたいつ倒れてもおかしくないカラマツやアカマツが、八ケ岳山麓では、珍しくありません。

家の周りに危なそうな木はないか、台風シーズン前に、確認してみてはいかがでしょうか?

「八ケ岳サーモン」(八ケ岳の淡水生物その2)

八ケ岳に加えて、甲斐駒ケ岳、鳳凰三山など南アルプス方面からの水も集めて、北杜市内を貫流する釜無川。
国道20号沿いを流れていますが、水の中には多様な生き物たちが暮らしています。

代表的な魚類で、釣り人の人気を集めるのが、ヤマメの仲間のアマゴ。
写真のような「尺超え」のビッグサイズも生息していて、釣り人のロマンをかきたてます。

20190618230633f32.jpg


写真は先日、偶然釣れた大物。新鮮なサーモンのような色合いの肉質とジューシーな美味しさで、勝手に「八ケ岳サーモン」と名付けてみました(^_^;)

201906182306495ca.jpg


こうした大物をコンスタントに釣り上げるには、名人級の腕前が必要。

「八ケ岳サーモン」を定期的に食卓に上らせるには、まだまだ長い修行が必要なようです!

八ケ岳の淡水生物、その1

八ケ岳山麓は、山や高原のイメージが強い地域ですが、山があるということは、当然、川や沢もあります。

あまり目立たない存在ですが、そこには、たくさんの生き物たちが暮らしています。

写真は、北杜市須玉町の山奥にある下刈り現場で見かけたサワガニ。普段、仕事中に見かける機会はほとんどないので、思わず写真におさめてしまいました。

20190615214937402.jpg


泥だらけですが、おそらく、近くを流れる小さな沢で暮らしているようです。山梨県では、サワガニのことを単に「カニ」と呼ぶひともいるようで、こうした言葉を耳にすると「さすが『海なし県』だ」と勝手に納得してしまいます(笑)

標高1000メートルほどの山奥の沢で見かけたサワガニの姿は、生き物たちのたくましさと多様性を感じさせ、妙に感慨深いものがありました。

シーズン到来…

これからの時期、林業関係者が毎年遭遇するのがスズメバチやアシナガバチなどのハチ類。
弊社でも毎年何人かが刺されて痛い思いをしています。

有毒ハチの場合、体質によっては刺されるとショック症状が出て、危険な場合も。そこで弊社ではスタッフが毎年病院で抗体検査を受け、陽性だった場合は、刺されたときの救急救命に必要な自己注射「エピペン」の処方を受けます。

写真は先日の雨の日にスタッフ数名で受診した抗体検査の様子。

201906140508136fb.jpg


屈強な林業男子も注射は苦手(?)で、神妙な面持ちで採血を受けます。

今年も梅雨明け後は、厳しい暑さが予想され、ハチの発生が多い可能性が見込まれます。

くれぐれも今年は刺されませんように!!

お花畑


八ケ岳山麓では、春の花が終わり、初夏の花がみごろをむかえています。
写真は、山野草として人気のクリンソウ。円状についた花の形が寺院の塔の上部に設けられた「九輪」にていることから名付けられたそうです。

写真は、北杜市内の搬出間伐現場での一コマ。

20190610215515f8e.jpg


弊社随一の筋肉量を誇るT君がクリンソウの群落に囲まれながらただすんでいます。林業男子と可憐な花ー。なかなか良いショットではないでしょうか!?

八ケ岳山麓も梅雨入りし、弊社では、いよいよ毎年恒例の植林地の草刈りが始まりました。天候とにらめっこしながらの作業が続きます。

今年も早くも折り返しの6月。
まだまだ忙しさは続きますが、焦らず引き続き安全第一で作業に勤しみたいと思います!!

国産!

先日、北杜市内の間伐現場にて、スタッフのF君が撮影してくれた写真です。

20190605220205dff.jpg
20190605220205dff.jpg


見ての通りタンポポですが、いまや見かける機会が少なくなってしまった在来種のニホンタンポポです。

外来種のセイヨウタンポポと異なり、花の下にある総苞片(そうほうへん)と呼ばれる部分が閉じているのが特徴で、繁殖方法もセイヨウタンポポと少し違うようです。

繁殖力旺盛なセイヨウタンポポに押されて、年々、生息域が減っている印象を受けるニホンタンポポ。
それでも都心部に比べて自然が豊富な八ケ岳山麓では、いまも毎年人知れず世代交代を繰り返しているようです(*^_^*)

身近な場所に生えているタンポポは何タンポポ??タンポポを見つけたら、こんなクイズをやってみても面白いかもしれません♪

マイナスイオン♪

先日の週末、遠方から遊びに来てくれた親戚と一緒に、北杜市白州町の尾白川渓谷にイワナ釣りに出掛けてきました。

20190604062448949.jpg


甲斐駒ヶ岳を源とする尾白川は、ダイナミックな渓谷美と花崗岩に磨かれた水質で有名。
魚は釣れませんでしたが、谷の中は季節外れの暑さを吹き飛ばすような涼しさで、マイナスイオンをたっぷりと浴びながら、渓谷探勝を満喫しました^_^
この辺りの山は、仕事で入る機会は少ないので、植生の観察も楽しみました。

20190604062507b79.jpg


暑い時期は八ケ岳の高原も気持ち良いですが、白州方面の水辺もおすすめ!

北杜市の多彩な自然をあらためて実感した一日でした♪

プロフィール

山師

Author:山師
有限会社天女山は、山梨県北杜市の八ヶ岳南麓を中心に活動する林業事業体です。
森林整備や屋敷木伐採、危険木伐採及び木材に関する事でしたら、何でもご相談下さい。

facebookにも
ページがあります。
こちらのイイねボタンで
天女山ページの更新が
ご自身のフィードに
表示されます。
いいねしていただけると
うれしいです。




最新記事
来訪者
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR