FC2ブログ

お客さん♪

先日の夕刻、弊社のスタッフ用駐車場に、親子のメス鹿が現れました。

20190801003839f73.jpg


北杜市は多くの場所に鹿が生息していますが、弊社の駐車場に現れたのを見たのは初めて。2頭とも、人間を恐れる様子もなく、立ち止まってこちらの様子を見つめたり、首を伸ばして木の葉を食べたり、地面に生えているキノコの匂いをかいでみりと、リラックスモード。

お母さん鹿の後について軽やかにジャンプしながら歩く子鹿の姿は、まさにバンビそのもので、可愛く癒やされました♪

鹿による農林産物の食害が各地で問題になっていますが、間近でのんびりと草をはむ親子連れを眺めるのは、やはり心が和むもの。

思わぬお客さんに癒やされた夏の夕刻のひとときでした^_^
スポンサーサイト



大活躍!

先日、弊社に納車されたコンマ45クラスの重機「フェラバンチャー」が連日大活躍しています。

写真は山火事で焦げた杉の大木などが生えた危険木処理の現場。

道路に向かってたくさんの木が生えた急な斜面の地山を削り、盛り土をし、ヤブを切り開き、作業道をつくり、チェーンソーマンと組んで大木を伐倒し、造材した丸太をトラックに積み込み…といった作業を一台でこなします。

20190728092408175.jpg


もちろん、こうした作業には、熟練した重機操作の腕前が必要。ベテランオペレーターのN部長が安全性と効率を両立させながら、現場を動かしていきます。

このフェラバンチャーは、来週から新たな現場に投入される予定。
山の中とは異なる一風変わったロケーションとなりそうです。

この現場の様子も随時報告します!

風物詩

長雨が終わり、夏本番を思わせる青空が広がる時間が増えてきました。

写真は濃いオレンジが夏らしさを感じさせる花豆の花。アーチのように支柱にはわせて栽培している光景が、八ケ岳山麓や増富地区などの高原の夏の風物詩となっています。

20190727061751038.jpg


花豆は大粒で、人差し指の先ほどの大きさがあります。ふっくらと仕上げた花豆の煮豆は、お茶請けにぴったり。素朴な高原の味です。

栽培には、冷涼な気候が向くようで、八ケ岳山麓でも、温暖化に伴い、一部地域では、成長に影響が出はじめているとの話も聞きました。

夏の高原を彩る爽やかな風物詩として、いつまでも栽培が続けられてほしいと願いながら、スマホのカメラのシャッターを押しました。

梅雨明け?!

昨日の八ケ岳山麓は、昼過ぎから、夏本番を思わせる積乱雲が東の空に姿を見せはじめました。
一方、西の空に立ち込めたのは、真っ黒な雨雲。

2019072322592312e.jpg


不穏な天気だな…と心配していたら、案の定、午後3時過ぎから遠くに雷鳴が聞こえ始め、しばらくすると、視界を遮るほどの滝のような雨が降り始めました。

こうしたときは無理は禁物!
重機を安全な場所に停め、荷物をまとめて撤収します。

山梨県内も梅雨明けは間近の模様。厳しい暑さが一気に訪れそうです。

昨年の記録的酷暑が今年も再来するのだろうか…
戦々恐々の気持ちで迎える梅雨明けになりそうです(^_^;)

働き方改革?!

少子高齢化に伴う人口減少などを背景に、日本社会の大きなテーマとなっている「働き方改革」。

柔軟な勤務時間の設定や、インターネットを活用したテレワーク、企業による託児所の開設など、多様な試みが始まっています。

そんな中、弊社にお目見えしたのが、林業会社としては、全国初(?)となる「託犬所」。

201907172037198b9.jpg


勤務中に、スタッフの飼い犬を安心して会社で留守番させられることになりました。

鹿やハクビシンなどの野生動物が多い土地柄のため、庭にいる飼い犬が、野生動物を見つけて興奮→飼い主の留守中に脱走→行方不明→交通事故や鹿用の捕獲わなにかかる、などなど、飼い犬を長時間、家で留守番させる際の不安は尽きません。
そこで、弊社事務所のデッキで、スタッフの飼い犬を留守番させてもらえることになりました!

弊社スタッフは犬好きが多いため、留守番中の犬も寂しくない様子。
雨で身体がびしょ濡れになった日には、上の写真のように、暖かい洋服をかけてもらいました♪
ときには飼い主と一緒に伐採現場にも(*^_^*)


2019071721155093b.jpg


犬も大切な家族の一員。仕事中、愛犬も寂しくなく、飼い主も安心♪
働き方改革に向けたモデル企業になれるでしょうか?!

研ぎ直し

八ケ岳山麓でも梅雨空が続いています。
そんな中でも弊社の下刈りチームは、北杜市須玉町の山奥にある広大な植林地で、連日、刈払機を回して下草刈りに励んでいます。

山の下刈りは、堅いバラやかん木などを刈ることもあるだけに、刃の切れ味が作業効率を左右します。

写真は雨で現場作業ができない日に、ダイヤモンドカッターをつけたグラインダーを専用器具に固定して、チップソーの刃を研ぎ直している場面。

201907150932284a8.jpg


弊社では通常、チップソーの刃の「背中」の部分を一定の角度をつけて研ぎます。

すべての刃をしっかりとピカピカに研げたら完了!購入時の切れ味がよみがえります。

チップソーは安価なものもあり、使い捨てをするひともいるようですが、研ぎ直せば3〜4回程度は、使えます。

多少の手間は掛かりますが、経済性と資源の有効利用のために、研ぎ直しはいかがでしょうか?\(^o^)/

課外活動

以前もご紹介しましたが、スポーツ好きが多いのが弊社スタッフの特徴のひとつ。

今季初めての草バトミントン大会が梅雨空の合間をぬって、弊社の土場でこのほど行われました。

201907111844462e8.jpg


かなりの白熱ぶり!

土場での草バトミントンは昨年始まり、自分用のラケットを揃えるひとも現れるなど、徐々に本格化ています(^_^;)

とはいえ、その日の現場ごとに仕事を終えて会社に戻る時間やスタッフの疲れ具合などが違うため、帰り支度が済んだ夕方になって「バトミントンでもすっかー!」という雰囲気になるのは、けっこうレアなタイミング。

さてさて次回はいつになるでしょうか?!




新機械導入!

すでに弊社のインスタグラムでご報告している通り、このほど新しい重機を納入しました。
フェラバンチャーと呼ばれる林業用の機械で、土を掘る、木を伐る、伐根する、トラックなどに丸太を積む、鉄板を敷くなどなど、1台でさまざまな作業をこなせる働きものです!

気になるお値段は…。決してお安くはありません(^_^;)

納車式では弊社の社長や部長がやや緊張した面持ちで、御神酒をささげて安全祈願。

20190710064005832.jpg


そしてスタッフ全員参加で記念撮影\(^o^)/

201907100640227a6.jpg


今回納車されたこの「コンマ45クラス」のフェラバンチャー。弊社では長くレンタル機を使用していました。しかし今回の新車は、排ガスのクリーン装置が付いているなどの理由で、レンタル機よりもひと回りほど車体が大きく感じます。

優秀な重機でも、それを動かすのは人間。
技術や経験を過信せず、安全第一で、機械の性能を100パーセント引き出せるようにしていきたいと思います!!

備えあれば

先日の当ブログでご紹介したように、弊社スタッフは毎年、有毒ハチに刺された場合に備えた抗体検査を医療機関で受けています。

陽性反応が出た場合に処方されるのが、エピペンと呼ばれる救急用の自己注射薬。刺されてショック症状が出たときに、自分自身で太ももに注射し、医療機関に到着するまでの症状緩和を図ります。

20190705182817ec4.jpg


通常は使う機会がないため、いざというときに使い方を間違えないように、医療機関からは写真のようなダミーの練習用も渡されます。

幸い弊社では、エピペンが使われたケースはありません。でも「備えあれば憂いなし」

練習用でのトレーニング、そして山仕事をする際の本物の携行を心掛けたいと思います!

出現

今日は、さまざまな種類の丸太が山積みされた弊社の土場の整理作業が行われました。
重機を使って丸太や根株などを選り分けているときに、弊社スタッフが偶然見つけたのがサイの子供。

20190703223619b22.jpg

▲ブログ初登場(?)の弊社社長もびっくり!

ずんぐりした形や色合いともに実物そっくりで、たまたま居合わせた弊社社長もびっくり!
ナラの木の根株のため、重量感があり、大人がまたがることもできます。

この「小サイ」の今後の活用方法は未定です。
良いアイデアがありましたら、どしどしお寄せください!
プロフィール

山師

Author:山師
有限会社天女山は、山梨県北杜市の八ヶ岳南麓を中心に活動する林業事業体です。
森林整備や屋敷木伐採、危険木伐採及び木材に関する事でしたら、何でもご相談下さい。

facebookにも
ページがあります。
こちらのイイねボタンで
天女山ページの更新が
ご自身のフィードに
表示されます。
いいねしていただけると
うれしいです。




最新記事
来訪者
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR