FC2ブログ

仕事納め

今年もあっという間に年の瀬を迎え、おかげさまで弊社も今日で仕事納めとなりました。
写真は先日開かれた弊社の忘年会でのひとコマ。

20191228161255c31.jpeg


地元の人気焼き肉店で、極上のお肉を美味しくいただきました^_^
若手を含めて酒豪(?)のスタッフもおり、メガハイボールや生ビールのジャッキが次々と空いていきます。大盛りのご飯もおかわりの注文が相次ぎ、お腹も心も満たされた楽しい宴となりました♪

おかげさまで大きな事故もなく、今年も仕事を終えることができました。秋以降、かなり暖かかった今冬ですが、仕事納めのきょうは、今年初めてのこの時期らしい厳しい寒さに。雪化粧した八ヶ岳の眺望も素晴らしく、一年を締めくくるのにふさわしい天気となりました。

スタッフ一同、来年も気を引き締めて仕事にのぞみたいと思います。
新年もどうぞよろしくお願いいたします!
スポンサーサイト



初雪

八ヶ岳南麓では、昨日夕方から今朝にかけて、標高が高い場所で雪となりました。

標高約1300メートルの弊社では、真っ白な光景に!
寒気が弱かったためか、この時期らしくない湿った雪でしたが、スタッフ総出で今シーズン初の雪かきとなりました。

20191223182610037.jpeg


弊社の雪かきでは、毎冬おなじみの重機とエンジン式大型ブロワーが出動!
重機の排土板で一気に除雪し、ブロワーで狭い場所の雪をぶんぶん吹き飛ばしていきます。

年末を控えたこの時期としては、目を疑うほどに雪が少なかった今冬の八ヶ岳連峰ですが、今回の雪でようやく真っ白な姿に生まれ変わりました。

スキーやスケート、スノーシューといった冬の八ヶ岳のアクティビティの目玉も、例年並みの寒さや降雪があってこそ。異常気象は山仕事にも影響します。
夏の猛暑や大型台風の襲来など、今年も天候や気象の異変が目立っただけに、例年並みの冬が訪れてほしい…と願わずにはいられません。

甲州銘菓♪

山梨の銘菓といえば、信玄餅や黒玉が有名ですが、あんぽ柿も昔から伝わる名産品です。

写真は弊社の仕事にいつも協力していただいているYさんからいただいたお歳暮。

20191221184344f1f.jpeg


しっとりジューシーな口当たりで、コーヒーともよく合います♫干し柿つくりが盛んな山梨県では、民家の軒先での自家製干し柿つくりが冬の風物詩。八ヶ岳山麓でもよく見かけます。

食物繊維豊富で、保存性が高く携帯も便利。山仕事や山登りにもぴったりのおやつと言えそうです♪
山梨にお越しの際は、甲州あんぽ柿をぜひお土産にいかがでしょうか^_^♫

縁の下の力持ち その2

先日ご紹介した通称「ユニック」に続いて、林業や建設現場の仕事で欠かせないのが「鉄板」。縦3メートル、横1.5メートルのサイズが一般的で、重さは800キロほどあります。

20191218172914fb9.jpeg


地面がぬかるんでいたり、路肩が弱かったりする場所に、重機やクレーン車、トラックなどを入れるときに欠かせない資材。
しかし重量物なだけに、足の上に落としたり、手を挟んだりすると取り返しのつかない事故を招きます。とくにクレーンで空中に吊り上げられている鉄板には油断禁物!吊り荷の下に入らないのはもちろん、近づく際にも細心の注意が必要です。トラックの荷台に積んだ際のしっかりとした荷締めも欠かせません。

安全に使えばとても便利な鉄板。
まさに縁の下の力持ちを地で行く存在といえそうです!

縁の下の力持ち2

先日ご紹介した通称「ユニック」に続いて、林業や建設現場の仕事で欠かせないのが「鉄板」。縦3メートル、横1.5メートルのサイズが一般的で、重さは800キロほどあります。

20191218172914fb9.jpeg


地面がぬかるんでいたり、路肩が弱かったりする場所に、重機やクレーン車、トラックなどを入れるときに欠かせない資材。
しかし重量物なだけに、足の上に落としたり、手を挟んだりすると取り返しのつかない事故を招きます。とくにクレーンで空中に吊り上げられている鉄板には油断禁物!吊り荷の下に入らないのはもちろん、近づく際にも細心の注意が必要です。トラックの荷台に積んだ際のしっかりとした荷締めも欠かせません。

安全に使えばとても便利な鉄板。
まさに縁の下の力持ちを地で行く存在といえそうです!

縁の下の力持ち?!

トラックの荷台にクレーンが取り付けられた通称「ユニック」。弊社では、活躍の機会が比較的少ない重機ですが、いざという時に頼りになる名脇役のような存在かもしれません。

写真は、大きな石を移動させるため、付属のクレーンで吊り上げて荷台に載せている場面。

20191217173332b30.jpeg


ユニックの優れた点は、なんといっても公道を自走でき、さらに自分で荷物を吊り上げられ、加えて吊り上げた荷物を自らの荷台に載せて別の場所に移動し、荷下ろしまでできる点ではないでしょうか。

シンプルな重機ゆえに、使いこなすには経験が必要ですが、いちいち別の重機やトラックを用意しなくても、一台で一連の作業ができてしまう万能選手と言えるかもしれません。

街中で見かける機会も多いユニック。これからも縁の下の力持ち的な存在であり続けてくれそうです^_^

運転開始!

弊社では入社したスタッフが重機を運転できるようにするための資格取得を進めています。

写真は、フォワーダと呼ばれる丸太運搬用の重機に乗るNさん。このほど資格を取得しました。

20191216082514a63.jpeg


笑顔でだいぶ慣れてきた様子。フォワーダは運転席に囲いがないため、冬場は寒風にさらされながらの運転となり、履帯(キャタピラ)から伝わる移動中の振動も加わって、体力的にはなかなか厳しいものになります。

しかし丸太の搬出には欠かせない重機。
Nさん、引き続き安全運転でよろしくお願いします!

地拵え

過去に皆伐が行われた林地に残されている枝や丸太を整理して、棚状に並べる地拵えの作業が今年も行われています。
写真は北杜市須玉町津金地区の現場。

2019121205420126c.png


まずは山の斜面の等高線に沿って等間隔で一列に杭を打ち込み、そこに沿わせるように、枝や丸太を人力で寄せて積んでいきます。

現場に落ちている木の棒を使って押したくるように枝や丸太を寄せていく作業は「まくり」と呼ばれ、山仕事の中でもとりわけ体力的にきつい作業。
若手スタッフを中心に、黙々と進めています。

枝や丸太が一列に並べられた「棚」には来春、カラマツの苗が植えられる見通し。
地拵えはとても地味ですが、林地の再生には欠かせない作業のひとつです^_^

仕上げ

清里高原の管理別荘地で続けている搬出間伐を主体とする森林整備事業が最終盤を迎えています。
写真は作設した作業道を元の状態に戻している場面。

20191210060133204.jpeg


重機の往来のために林内に設けた作業道ですが、今回の事業では、作業終了後は埋め戻し、元の景観に復旧させます。

小さな石を動かしたりと細かい重機操作が多く、集中力を要する作業で肩凝りに悩むスタッフも(^_^;)

作業完了までもう一息。
気を抜かずに最後まで集中したいと思います!!

舗装路

例年と比べ、かなり暖かい日が続いた晩秋から初冬にかけての八ケ岳山麓ですが、先週はこの時季らしい冷え込みとなりました。
清里高原で続けている搬出間伐の現場に設けた作業道は、ぬかるんだ箇所が見事に凍り付き、重機を走らせるには好都合の条件に。
八ケ岳山麓は火山灰由来の「黒ボク」と呼ばれる土壌が多く、雨が降ると手が付けられないほどにぬかるんでしまうことも珍しくありませんが、凍ってしまえばこっちのもの。アスファルト舗装のように固くなり、見違えるように走りやすくなります。

D40A1DCB-0B4F-4947-B205-F503BFE7D349.jpg

ただ夕方に作業を終えて重機を停車させ、翌朝エンジンをかけて動かそうとすると、重機の履帯(キャタピラー)が凍った地面に張り付き、動かせないこともしばしば。対策として、前日の夕方のうちに履帯の下に凍結防止剤の塩化カルシウムをまいておくなどの工夫が必要な日もあります。

来週前半は再び季節外れの暖かさに見舞われるとの予報。
どうやら今年も寒さが長続きせず、寒暖の差が激しい冬になりそうです。
プロフィール

山師

Author:山師
有限会社天女山は、山梨県北杜市の八ヶ岳南麓を中心に活動する林業事業体です。
森林整備や屋敷木伐採、危険木伐採及び木材に関する事でしたら、何でもご相談下さい。

facebookにも
ページがあります。
こちらのイイねボタンで
天女山ページの更新が
ご自身のフィードに
表示されます。
いいねしていただけると
うれしいです。




最新記事
来訪者
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR