FC2ブログ

収納アドバイザー

現場までの移動や資機材の運搬で日々大活躍している弊社のハイエース。広大なラゲッジスペースがある一方で、荷物を立体収納できず、意外と荷物を積みにくいことが課題でした。

そんな長年の悩みがこのほど解消されました。
弊社若手スタッフのT君が、余っていた木材などで、手早く棚を作ってくれたのです♫

20200330121720634.jpeg


2段スペースで収納力倍増!
荷物同士を重ねる必要がなくなり、道具の破損の心配も減りました(^_^)

DYI好きで整理整頓を得意とし、収納アドバイザーの異名を持つ(?)T君に感謝!そしてこれからも社内設備の改善をよろしくお願いします♪
スポンサーサイト



躍動!

若い頃は、花にはあまり関心がありませんでしたが、最近は歳のせいか(?)、春を迎えて力強くつぼみを開かせる山野の木々の姿に、生命力や躍動感を感じる場面が増えました。

写真は上品な香りの黄色い花が森の中でひときわ目を引くダンコウバイ。

20200329231657450.jpeg


この時季、まだ冬枯れの森の中で、真っ先に開花して、春の訪れを告げてくれます。森の木々に咲く花々のトップバッターとして、この花を見て季節の変化を実感するひとは多いのではないでしょうか。

コブシや山桜など山の木々たちの本格的な開花はこれから。タラノメやコシアブラといった山菜たちの芽吹きも控えています。
記録的な暖冬だったとはいえ、やはり春の訪れは嬉しいもの♪そう実感している今日このごろです(^-^)♪

給油

弊社の仕事で日々、重要度が増しているのが、大小さまざまの重機。
重さ数百キロの丸太を動かすのに、重機は欠かせません。重さ10トン以上の重機を動かすのには、大量の軽油が必要。普段は20リットル入りのポリ缶を現場に持参して、人力で入れますが、何台もの重機を使う現場では、たくさんのポリ缶が必要になり、軽油の買い出しも含めてかなりの手間と時間が掛かります。

そんなときに頼もしいのが地元のガソリンスタンドのスタッフの方々によるローリー車を使った軽油の配達。電話一本で現場まで来てくれて、何台もの重機に手際よく給油してくれます。

20200326191512f1e.jpeg


頼りになる地元のガソリンスタンドのスタッフの皆さん。これからもよろしくお願いします!(^-^)!

山の幸

八ヶ岳山麓では、草木の芽吹きや開花が始まり、春の訪れを告げています。
写真は日当たりの良い斜面や土手などで、春一番で顔を出すノカンゾウの若芽。

20200325125125caa.jpeg


酢味噌和えにすると美味しい野草で、少しぬめりがあるクセのない味を楽しめます。簡単にたくさん見つけられるので、この時期の定番として、鶏肉などとの炒めものにも使っています。

タラノメやコシアブラなどの木の芽系の山菜が採れるのは、あと半月以上先でしょうか?
オープニングを迎えた山菜シーズンに、心躍る毎日です♫

春の足音

春分の日が過ぎ、八ヶ岳山麓では、草花の芽吹きが駆け足で進んでいます。今シーズンは、暖冬だったため、例年より、全体的に開花のスピードがかなり早まっています。写真は山菜のトップバッターのフキノトウ。

20200321161326110.jpeg


日当たりの良い場所では、すでに花が咲いてしまっていますが、かたいつぼみの食べごろも、標高が高い場所を中心に、探せばまだまだ見つかります♪

定番のふき味噌や天ぷら、パスタなど、さまざまな料理に使える人気者。独自の苦味を味わうと、季節のめぐりを実感するひとも多いと思います♫

強い苦味で冬の間にたまった毒素を排出する役目もあるとされるフキノトウ。
明るいライトグリーンの色彩が、まさに山菜の女王と呼ばれるに相応しい存在感を放っています♫

春の嵐

昨日は真冬並みの寒気の影響で、八ヶ岳山麓の標高が高い場所は終日、吹雪模様の荒れた天気となりました。
写真は甲斐小泉駅を上がった辺りの伐採現場の昨日の様子。

2020031712374080f.jpeg


このあと、さらに風雪が強まり、辺りは一面真っ白になりました。
きょう日中は気温が上がりましたが、今朝の気温はマイナス5度程度まで下がり、まさに「寒気の置き土産」に。

この冬は記録的な暖かさで八ヶ岳らしい厳しい寒さをあまり経験できなかっただけに、気分がキリッと引き締まる久しぶりの厳寒の景色を少し嬉しく感じました♫

追い込み!

年度末は、さまざまな公共事業の工期末となるため、弊社では毎年大忙しとなります。

写真は清里高原の一角での景観整備を目的とした間伐の様子。大きく育ったミズナラなどを残し、劣勢木や枯れ木を中心に間伐していきます。

20200314085412f7f.jpeg


この現場では、景観整備のため、伐った木の枝を払い、丸太を2メートルほどの長さに玉切りして、枝とともに棚状に並べるのが特徴。伐る手間よりも、丸太や枝を並べるのがひと苦労です💦

根気のいる地道な作業ですが、若手スタッフを中心に、みな黙々と手を動かし、枝や丸太が整然と並んだ明るい森が出現しつつあります♫

来週はいよいよラストスパート。
引き続き安全第一でがんばります!!

完了!

北杜市須玉町津金地区のアカマツ人工林で実施していた皆伐と木材搬出、そして地拵えと獣害防止ネットの設置、さらにはカラマツ苗の植林に至るまでの一貫施業の現場がこのほど、無事に終了しました。

202003111656164bf.jpeg


年をまたいだ長丁場の現場でしたが、弊社スタッフが一丸となり無事、工期内の作業完了にこぎつけました!
並行して複数の工種を行うこともあり、現場には多くの重機が行き来しましたが、お陰様で、無事故無災害で乗り切ることができました。

施業前に比べて明るくなった林内で、これから植林したカラマツ苗がすくすくと大きくなっていくことでしょう♪
人が手を加えた人工林は、再び手を入れることでよみがえります。これからの林の変化が楽しみです(^-^)

命の水

北杜市は美味しいお米の産地としても知られています。
写真は良食味米の産地のひとつの北杜市白州町の農業水利施設で、水路に溜まった大量の土砂を重機でかき出している場面。

20200309183308888.jpeg


昨年の台風19号による大増水で流れこんだ大量の土砂で通水不可能になった水路を、春の農作業再開に向けて、急ピッチで復旧させています。

地元建設会社からの依頼で弊社が作業に携わりました。5日間かけて、ようやく土砂の排出に成功!地元の方々の関心も高く、連日、作業の進捗を見に来る農家の方々の姿がありました。

大量の土砂を押し流す水のパワー、農家の方々の水に寄せる強い思い…。普段の山の中の仕事ではなかなか気づかないことを実感した貴重な現場でした!

山の天気

弊社所在地の標高は約1300メートル。国内でひとが居住している場所の中では、かなり標高が高い地域となります。

冬場は、標高が比較的低い現場から夕方、会社に戻ると、雪が舞っていたり、凍えるような寒さだったりすることが珍しくありません。

久しぶりの寒気が到来した昨日朝の弊社周辺は、うっすらと雪化粧♪
さっそく若手スタッフが小さな雪だるまを作ってくれました。
雪だるまをつくると、そのまわりに、どこからともなくひとが集まってくるのが不思議です^_^

202003061822425e8.jpeg


冬場は凍える寒さに見舞われることが多い弊社の立地ですが、夏場は逆に、天然のクーラーを思わせる快適さを味わえることも♫

温暖化など気候の変化で、弊社周辺の気温も年々上昇傾向ですが、メリハリのある四季の変化だけは、これからも失われてほしくないものです。
プロフィール

山師

Author:山師
有限会社天女山は、山梨県北杜市の八ヶ岳南麓を中心に活動する林業事業体です。
森林整備や屋敷木伐採、危険木伐採及び木材に関する事でしたら、何でもご相談下さい。

facebookにも
ページがあります。
こちらのイイねボタンで
天女山ページの更新が
ご自身のフィードに
表示されます。
いいねしていただけると
うれしいです。




最新記事
来訪者
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR