FC2ブログ

小学生の林業体験!

もう、かれこれ4年目に入るのですが、弊社では東京はM区の小学生5年あるいは6年生を対象に「林業体験」を受け持たせていただいています。
学校行事「林間学校」2泊3日のうち1日を「林業体験」に充てるわけです。



ざっとこんな内容のことを行ないます。
まず緑化推進機構の美人担当者から「林業」の概念と実務のアウトラインを説明してもらいます。
その後、弊社の担当者から、これから行なう作業と注意事項の説明をします。

次に吾々が普段行なっている伐倒作業のデモンストレーションを見てもらいますが、なかなか迫力があるようで好評です。
今回はハタが大勢の生徒たちの前でデモンストレーションを担当する栄誉に預かりました~!\(^o^)/
掛かり木にならなくて良かった…(笑)

それが終わると、いよいよ各班に分かれて1本の木を倒して玉切るまでの作業です。
もちろんチェンソーは使えませんので、手鋸を使って交代で切ってもらいます。

今週は火曜日と金曜日、2回の「林業体験」があったので大忙しでした。
上の写真は火曜日のものですが、金曜日は折しも台風11号の接近で残念ながら強い雨風!
生徒たちも残念だったと思いますが、さすが天女山!こういう時のための「雨プログラム」を作成してあるんです(-_^)

▲講義を担当したのは弊社のK主任です。

▲弊社のS氏も熱心にお手伝いです~。

▲サンドペーパーの粗目と細目で仕上げてコースターを作ってもらいます。年輪もイイ感じでしょ(^.^)

▲上が針葉樹、下が広葉樹ですよ~。

▲真心を持って樹木と触れ合うことで、ついに樹木との一体化に成功した弊社のH氏です。

生徒たちと話していて感じるのは「教育の浸透」でしょうか。
弊社が林業体験を始めた頃は「木を伐る=自然破壊」と考える生徒たちが殆どでした。
しかし最近では、そう答える生徒はいません。
間伐が、なぜ行なわれるのか?山を更新していくことの意味などにも、しっかりした理解をお持ちのようです。
これは東京都M区の教育委員会が継続して、このテーマを勉強する機会を設けてきたからでしょう。
その一端のお手伝いをしていることは吾々林業に携わる者として嬉しい限りです(-_^
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

山師

Author:山師
有限会社天女山は、山梨県北杜市の八ヶ岳南麓を中心に活動する林業事業体です。
森林整備や屋敷木伐採、危険木伐採及び木材に関する事でしたら、何でもご相談下さい。

facebookにも
ページがあります。
こちらのイイねボタンで
天女山ページの更新が
ご自身のフィードに
表示されます。
いいねしていただけると
うれしいです。




最新記事
来訪者
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR