50トンクレーン

伐採する木の近くに住宅などがあり、さらに切り倒した木を安全な場所に引き倒すスペースもない場合は、クレーン車の出番となります。伐採した木をクレーンで吊るして住宅の上などを通過させ、安全な場所まで下ろす作業で、弊社では「吊るし」と呼んでいます。

160331ブログ
▲圧倒される車両サイズの50トンクレーン

明日から始まる吊るしに向け、今日は北杜市大泉町の住宅地にある現場で、車両重量50トンの大型クレーン車を事前に据え付ける作業をしました。クレーン車を入れる場所を確保するため、重機で斜面を大きく削り取る必要があるほか、土壌が水分を多く含んで非常に軟らかいため、陥没防止用の鉄板を敷き詰める難工事です。最初は丸太を並べて敷いた上に鉄板約20枚を敷き詰めたものの、クレーン車が進入すると車両の重みで重量約600キロの鉄板ごと次々に泥の中に埋まり込む結果に。何とかクレーン車が脱出した後、クレーン会社の方々の意見も参考に鉄板を並べる向きを変えるなどの改良を加えると…。ついに大型クレーン車が狭くて勾配が急な作業道を登り切ることができました。

クレーン会社の方々の高度な運転技術に驚かされるとともに、重機を使って重い鉄板を巧みに敷き直していく先輩の熟達した重機操作も勉強になりました。明日の伐採が無事に完了しますように…。
全員でそう願いながら現場を後にしました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

高性能機械や重機

いつも拝読させていただいております。
50tクレーンの迫力は凄いですね!仕事がはかどりそうです。

現代の林業現場では高性能機械も多く使われ始めていると聞いたのですが、
未経験者が就職して何年くらいすると扱えるようになるものでしょうか…?
プロセッサ、ハーベスタ、フォワーダの映像を見たことがあるのですが効率が桁違いですよね(そして格好良いっ)。
ただ知識や経験的な順序で考えると、チェーンソーの扱いやかかり木の対処などが一人前にできるようになった後、何か資格を取得して使えるようになる…という感じなのかなと予想しております。

Re: 高性能機械や重機

桜えびさん

いつも記事を閲覧していただきましてありがとうございます。
高性能林業機械の使用開始時期についてですが、就業後5年程度というのが一つの目安と言えるようです。
ただ事業体の方針や個人の資質などによって変わります。
弊社の社員の場合、コメントに書いていただいたように、高性能林業機械を操作する前に、チェーンソー作業の習熟が
まず必要となります。
ご質問に対する十分なお答えではないかもしれませんが、よろしくお願いします。


> いつも拝読させていただいております。
> 50tクレーンの迫力は凄いですね!仕事がはかどりそうです。
>
> 現代の林業現場では高性能機械も多く使われ始めていると聞いたのですが、
> 未経験者が就職して何年くらいすると扱えるようになるものでしょうか…?
> プロセッサ、ハーベスタ、フォワーダの映像を見たことがあるのですが効率が桁違いですよね(そして格好良いっ)。
> ただ知識や経験的な順序で考えると、チェーンソーの扱いやかかり木の対処などが一人前にできるようになった後、何か資格を取得して使えるようになる…という感じなのかなと予想しております。
プロフィール

山師

Author:山師
有限会社天女山は、山梨県北杜市の八ヶ岳南麓を中心に活動する林業事業体です。
森林整備や屋敷木伐採、危険木伐採及び木材に関する事でしたら、何でもご相談下さい。

facebookにも
ページがあります。
こちらのイイねボタンで
天女山ページの更新が
ご自身のフィードに
表示されます。
いいねしていただけると
うれしいです。




最新記事
来訪者
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR