FC2ブログ

コミュニケーション

連休ムードがまだ残る今日は、北杜市大泉町のJR小海線甲斐大泉駅下の現場で搬出間伐作業をしました。
立木の幹を重機に付けたグラップルでつかみながら、目的とする伐倒方向に確実に倒す「重機伐採」と呼ばれる技術を使います。周囲に別の木々の枝が立て込んでいたり、人家が近くに建ったりしている場合に有効で、伐り手と重機のオペレーターとのコミュニケーションが重要となります。
伐り手が「追い口」を入れた後、オペレーターが重機で幹をゆっくりと倒しますが、このとき、周囲の別の木々の枝を避けるために、伐り手がオペレーターに幹を動かす方向を伝える場合があります。今日は作業中、オペレーターのN部長から「方向の指示が分かりにくい」との指摘が…。切り倒す木の伐倒方向を基準とし、幹を動かす前後左右の方向をオペレーターに伝えないと混乱を招く場合があるとのことでした。

160506ブログ
▲重機オペレーターとのコミュニケーションが重要となる重機伐採

これまで気づきませんでしたが、幹を動かす方向を示す際の基準を明確にしないとコミュニケーションは成り立ちません。重機伐採の場合、自分で伐った木を安全な動きで目的の方向に倒すには、オペレーターとの十分なコミュニケ―ションは必須。今日もまた一つ勉強になりました。

160506ブログ②
▲根株を使って「受け口」づくりの研究もしました
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

山師

Author:山師
有限会社天女山は、山梨県北杜市の八ヶ岳南麓を中心に活動する林業事業体です。
森林整備や屋敷木伐採、危険木伐採及び木材に関する事でしたら、何でもご相談下さい。

facebookにも
ページがあります。
こちらのイイねボタンで
天女山ページの更新が
ご自身のフィードに
表示されます。
いいねしていただけると
うれしいです。




最新記事
来訪者
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR