視点

弊社が現在行っている間伐作業では、基本的に周囲の他の木と比べて育ちが悪い木を伐っています。例えば高さが低かったり、梢の上部が曲がっていたり、枝の付き方が悪かったり…。その木を伐る代わりに、周りの別の木に太陽光がよく当たるようにして、成長を促す目的があります。そのためには梢を見上げて樹冠(枝や葉が茂っている部分)の状況もチェックします。

170627ブログ

加えて木と木の間のバランスも考慮します。感覚的な表現になってしまいますが、森に入ったときに、すっきりと視線が通り、適度な間隔で木々が生えていて「何となくいい感じの山だなあ」と感じるような、そんな森が理想です。

安全、確実、効率的な伐倒技術に加えて、伐る木を選ぶ選木技術も間伐作業の大事な要素。ともに奥が深く難しいですが、間伐作業の醍醐味や妙味と言えそうです!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

山師

Author:山師
有限会社天女山は、山梨県北杜市の八ヶ岳南麓を中心に活動する林業事業体です。
森林整備や屋敷木伐採、危険木伐採及び木材に関する事でしたら、何でもご相談下さい。

facebookにも
ページがあります。
こちらのイイねボタンで
天女山ページの更新が
ご自身のフィードに
表示されます。
いいねしていただけると
うれしいです。




最新記事
来訪者
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR