重機伐採

植栽が一段落で、ここ数日は清里や野辺山で重機伐採の仕事をしています。



重機伐採とは、近くに建物や道路、電線があり、木が自然に傾く方向へ倒せない場合に、重機で幹を摑んで倒れる方向を誘導してやるものです。
本来の方向とは逆のテンションが掛かることもあるので十分な注意が必要です。

写真は弊社の重機マイスターであるN氏と伐り手のH氏です。
阿吽の呼吸で見事なお仕事でした(^_^)v

コメント

No title

しず
天女山の皆様、こんばんは。

これは、倒れる方向を決めるだけの機械ですか?
以前、切った木をシュルシュルと皮を向いてしまう重機の業をちょっと離れた林道の脇で、すごいなぁーと、じーっと見つめていたことがありました。

この日も、遠くから見つめてる私のような人が居たかもしれません^^

くれぐれも怪我の無いように気を付けて作業をしてくださいませ。

しずさんへ

ハタ
コメントありがとうございます!
返信が遅くなりすみませんm(_ _)m

あれはグラップルという林業用に材を掴みダンプに積んだり、土場で整理する時などに大活躍してくれます。
通常は工事現場で見られるバケットが付いているのですが、先端をグラップルに交換しているんです。
写真では混んだ森の中で木の成りに倒せる方向ではない方向に倒すためにグラップルで方向性をガイドしています。
他にもチルホールという手動で引っ張るワイヤを利用した牽引の道具もありますよ。

皮むきに関しても機械でやることが多いのですが、手動でもあります。
下記アドレスを参考になさってくださいね(^_^)v

http://www.homarewood.co.jp/lumbermill-document-5.htm

非公開コメント

トラックバック