久々の作業

今月は緑の雇用の研修が8日もあり現場に入ることが少なかったのですが、今日は午前中に作業道敷設のアシスト、午後は危険木処理および民地の伐採でした。

▲こうやってK主任がバックホーで作業道を作ります。

▲見えにくいかもしれませんが、後ろに作ってきた道があります。

進んでいく方向にある立木を伐る係を仰せつけられたのですが不手際が多く怒られてばかりでした(T ^ T)
次はバッチリこなします( ̄+ー ̄)

午後からは午前中少しだけ伐りに入った現場に戻り造材作業。
「べ」先輩が難易度の高い伐倒を次々にこなしていくのを見ました。
技術の違いに愕然としながらも、早くあんなふうに出来るようにならなくては…と思います。

▲「今日も良い仕事が出来たぜ」とN班長、きっと明日の段取りを頭の中で描いているのでしょう。

明日はまたまた緑の雇用の研修で「架線集材」についての講義を受けてきます。


コメント

非公開コメント

トラックバック