第三の男

いやいや、またぞろ蜂にヤられた人が出ちゃいましたよ。
S先輩、ハタに続いて3人目です(*_*)

すごく腫れてますね(・_・;
3番目の被害者は一緒に下刈りに入っていたK主任でした。
氏は蜂毒の抗体を持っていないのと、近くで作業していたハタが、すぐに蜂毒の吸引器で吸い出したので大事には至らず良かったのですが、多少慌てしまい吸引器の吸い口を折ってしまいました~(*_*)

蜂は前々日にワタシが刺されたヘボ(黒スズメバチ)で地面の中に巣を作ります。
地面に覗く小さな巣穴に殺虫スプレーを噴射し、巣ごとほじくり出してす破壊しました。

しかし、その時に巣から離れていた蜂が、その後も数匹戻って来て周囲を飛び回ります。
そのため「危険箇所」をピンク色のテープで囲って近付かないようにします。
もちろんその箇所の下刈りは時間を空けて後日とします。

蜂はこんな面構えをしています。
おっかないような…少しかわいいような微妙な顔付きでしょ^^;

明日ハタは午前中に病院に寄って携帯エピペン注射を受け取り、その足で下刈り班に合流予定です。
明日は誰も刺されないと良いな~(*_*)

コメント

非公開コメント

トラックバック