目立て

こんにちは、ひろです。
今回はチェーンソーの目立てについて、お話します。
チェーンソーは、刃の付いたチェーン(くさり)をエンジンの力で回転させて木を伐ります。
目立てとは、この刃を研ぐことを言います。
目立ては非常に難しいと言う人が多いです。
実際に目立てをしたことのある人は、よくわかると思います。
実際毎日研いでる我々もコンディションによっては、イマイチの時があります。
だいたい、これだ!!と自信が持てるまでに1年は掛かると思います。
そして極めたプロの目立ては、木を豆腐を切るかの様に伐り進むチェーンに仕上げます。^_^
体験したい方は、是非チェーンが駄目になる前に弊社にお持ち頂きプロの切れ味を御堪能下さい。(^。^)

弊社社長による目立ての様子です。

コメント

非公開コメント

トラックバック