間伐雑記、装備など

今日の天女山は高所作業車による枝打ち、皆伐地の仕上げ、切捨て間伐etc.でした。
ハタは昨日に続いて切捨て間伐チームでした。

まずは設計確認を2か所取りました。
K主任の指導を受けながら同期Sと10×10mの範囲を囲い、その中で残す木と伐採する木を選木します。
その際には木の素性の優劣と最適な配置(間隔)を勘案します。

ナンバリングしてあるのが伐る木、ピンクテープを巻いてあるのが残す木です。
午前中に2か所の設計確認を取って、午後から間伐に入る予定でしたが、手際が悪くて時間が押してしまい、間伐する時間が減ってしまいました。
もっと無駄な動きや逡巡する時間を減らさないといけないです。

さてさて現場までは間伐に必要な荷物を背負って山道を登っていきますが、どのような物を持っていくかといえば…。

こんな感じです。
もちろんチェンソー、左手にフェリングレバー(木を回したり、テコを利かせて木を動かす)混合ガソリン2L、チェーンオイル1L、弁当や着替え、雨具、防寒着、飲料水3Lほど、その他。
チェンソーには燃料とオイルを満タンにしておきますから、だいたい5kgほどありますので個人差はありますが装備トータルで10kgは超えるでしょう。
なかなか体力が要るんですよ(-_^)
ちなみに写真は同期Sですがザックの中には甘いのやら辛いのやらお菓子も満載です(笑)

間伐に関しては、天女山では自分やSよりも上手で速い人ばかりです。
そして間伐といえば、やはり皆やりたい仕事です。
そんな中、今回、自分たちを間伐に連れて来るには、求めるパフォーマンスに達してほしいという意図があるのだと思います。
今日はあまり上手くこなせませんでしたが、明日以降は、頭と体をフル回転させて、いろいろとある「壁」を越えていきたいと思います。

明日は雨予報なんで山に入れるか少し心配だなぁ…(u_u)

※追伸
昨日書いたブログを間違えて消してしまい再アップしました。
せっかく付けてくれた皆さんの「いいね」が消えてしまいました…。
すみませんです(*_*)


コメント

非公開コメント

トラックバック