役務で支障木伐採

今日の天女山は、特殊伐採、県のお仕事の役務、作業道敷設の研修に分かれて出発。
ハタは役務の支障木・危険木伐採でした。

ちなみに「役務」とは?

《公的な仕事。また、他の人のために行う労働》

とありますが、弊社の場合、県と契約を交わし必要な人員と林業に関わる技術労働を提供する、といったところでしょうか。

朝イチ現場に着くと安全確認や想定される危険の予知と対策を話し合います。

作業を始める前に対象木と現場の確認をします。
右のカラマツはと左の桜はチルホールを使って処理することに決定です。

なかなか立派なカラマツでしょう!
でも中心部にはウロが入っていて家に向かって倒れる危険性もありました。


家の周りの薮もスッキリさせて完了。
無事に今日の仕事が終わってホッと一息です(^.^)

コメント

非公開コメント

トラックバック