役務(測量・森林調査)

今日はちょっとイイことがありました。
役務で山に入っていたのですが、そこで作業中、前日に間伐体験を担当した小学生たちにバッタリと出逢いました!
林間学校2日目のハイキングの途中だったようです。
「あっ!あの人昨日の丸メガネのオジさんだっ!」
と声を掛けてくれるではありませんか(^.^)
山の中で作業中に知った顔と出くわすなんて確率は低いだけに嬉しかったですね~。

さてさて今日の天女山は伐採組と役務組、研修組に分かれての出発です。
ハタはN班長と県林務の担当の方と測量と森林調査をしていました。

▲作業林道のゲートの鍵を開けて四駆でガタゴト入って行きます。

▲測量の視界を遮る背の高い笹を刈払い機で低く刈ります。

仕事としては、今後、搬出間伐する区域の測量と作業道のルート設定、そして現場の状況を知るためのサンプリングとしての森林調査です。
かなりの距離をアップ&ダウンしながら歩き、木の樹種や胸高直径、樹高、獣害の程度、伐った場合の材としての取れ高などを調べました。

▲「いや~!今日も歩いたね~(笑)」とN班長です。

明日の午前中は再び小学生のための間伐体験、そして午後はそれぞれの現場へ向かいます。

今日もおつかれさまでした!

コメント

非公開コメント

トラックバック