チェーンソー特訓&軽トラ集材

今日の天女山は4グループに分かれて現場に出ました。
新人の私はK部長とともに山梨県須玉町にあるカラマツの県有林の間伐作業現場へ。
昨日に続き、チェーンソーワークの特訓を受けました。

倒したい木の周りに生えている細い木をあらかじめ切って周囲を整え、木の重心を見極め、切り倒そうとしている木の幹や枝が、倒れた際に他の木に引っ掛からないような伐倒方向を見定め、チェーンソーのブレードを幹にあてて伐倒方向に狂いがないかを確認し、チェーンソーのブレードを水平に保ちながら「受け口」(伐倒方向に向けて開くように入れる直角三角形型の切り込み)と「追い口」(受け口と逆方向から入れる切り込み)を入れ、さらに木が倒れる際に「ちょうつがい」の役割を果たす「つる」を一定幅で残し・・・などなど。一本の木を切り倒すまでにたくさんの留意事項があります。そのすべてが満たされて初めて一本の木を目的とする方向に安全に倒せます。

先輩たちは苦も無く切り倒しますが、見るのと実際やるのとでは大違い。腰に両手を当てて見守るK部長から何度も厳しく注意を受けます。伐倒は林業の最も基本的な作業。狙った場所に確実に切り倒せるようになるよう明日からも実践あるのみです。

今日は余力がなく、チェーンソーワークの写真を撮れませんでした…。
写真は間伐現場から切り出したカラマツの丸太を軽トラに積んで舗装路まで下ろす光景です。細そうな幹に見えますが、今回の現場のような人力では積み下ろしが一苦労です。軽トラも荷台がずっしりと重そうですが、洗濯板のようなオフロードの急傾斜の作業道を何往復もたくましく走ってくれました。

160210ブログ

集材とチェーンソーワークの特訓は明日も続きます。

コメント

No title

TOYZ
こんばんは~。

いやいや、これだけの本数を積み下ろしするって結構な労力が
いりますね。
お疲れ様でした!

No title

tome
それはね・・・

過積載ってゆーんだよ(笑)

Re: No title

山師
TOYZさんこんばんは。

記事の閲覧ありがとうございます。
冬場で乾燥している2メートル材とはいえ、人力集材は大変な労力でした。
しかし貴重な経験となりました。

明日からは新しい現場で間伐作業が始まります。
引き続き作業の様子をアップしていきます!



Re: No title

山師
tomeさん

記事の閲覧ありがとうございます。
軽トラのスーパーローギアでエンジンブレーキを効かせながら
慎重に降りました。安全運転に努めます!
非公開コメント

トラックバック