目立て

ごはんを食べるときにおはしが欠かせないように、林業の日々の仕事ではチェーンソーが欠かせません。
チェーンソーも刃物だけに、使った後の目立てが重要になります。
ただチェーンソーの刃は一つ一つが小さい上に横刃と縦刃が一体的につながる立体的な形をしていて、さらに小さい刃が左右対称で付けられています。目立てには通常丸やすりを使いますが、上手に目立てるのは容易ではありません。

160225ブログ

写真中央の鈍く輝いている部分が一体的につながった横刃と縦刃です。丸やすりの位置や角度は実際の目立てとは異なりますが、イメージ的にはだいたいこんな感じで研ぎます。
チェーンソーの刃の目立ては難しいですが、作業スピードや体への負担、燃費、振動などに大きく影響するだけに、先輩たちに教わりながら「よく切れて長持ちする刃」に仕上げるコツを身につけていきたいと思います。

コメント

非公開コメント

トラックバック