続・「目立て」

目立てが終わったチェーンソーの刃(ソーチェーン)は、実際に丸太を切ってみると切れ味の善し悪しがわかります。
例えば丸太を上から玉切りする場合、上手に研げていればあまり力を加えなくてもチェーンソー自体の重さで自然に伐り進んでいけます。

一方、丸太などを切った後に生まれる「のこ屑」からも研ぎの善し悪しが分かります。
写真のようにのこ屑が長く、一定の幅になっていると良いようです。削りたての鰹節といったイメージかもしれません。
対して、のこ屑が粉っぽい状態の場合は上手に研げていない証拠となります。ちなみに写真の切り株はベテランが伐った跡です。



とは言うもののチェーンソーの刃の目立ては難しく奥が深い…。
先輩からアドバイスを受けながら日々、試行錯誤の連続です。

コメント

非公開コメント

トラックバック