自然の造形美

自然の造形美を感じさせるシンメトリー(左右対称)のデザイン、ワイルドさと繊細さを併せ持った曲線美…。
今日は作業中、M部長が立派な角が付いた雄のニホンジカの頭骨を見つけました。場所は北杜市須玉町の県有林。
趣味でシカの解体調理を手掛けるM部長によると、雄シカは通常、春に一本ずつ角を落とすため、二本の角が同時に付いた頭骨が見つかる機会は少ないとのこと。角が付いたシカの頭骨はずっしりと重く、トナカイを彷彿させる重厚な存在感に見とれてしまいました。北杜市内ではインテリアとして売っているお店もあるそうです。

160303ブログ

食材としてのシカ肉は「ジビエ」として各地で注目を集めていますが、角や皮、骨なども考え方次第でさまざまな価値を見出せそうです。休日には里山で「シカ角ハンティング」をするのも面白いかもしれません。
山での新たな楽しみ方を教わった一日でした。


コメント

非公開コメント

トラックバック