「鉄板」

「鉄板」と聞くと、バーベキューなどで使う調理器具を思い浮かべる人が多いと思います。しかし林業では重機やダンプなどが軟弱地盤の上で沈み込むのを防ぐ敷材として不可欠な役割を担っています。建設現場などで敷かれているものと同じタイプで、1枚の重さは大きさによって数百キロ。今日は長野県諏訪郡原村の別荘地で実施した住宅用地整備で使った15枚の鉄板を別の現場に移す作業をしました。
160328ブログ

写真のように重機で直接つかんで4トンダンプの荷台に載せます。ほかにも鉄板に取り付けたワイヤーなどを重機で吊り上げて荷台の上などに下ろす方法もあります。鉄板の設置と輸送は一見すると地味な作業ですが、地盤が弱い場所で車両や重機を動かすことが多い林業の場合、非常に重要な準備となります。

新人の私にとってはいずれも初めて経験する作業。鉄板は重量物で取り扱いには危険が伴うだけに、先輩たちの作業には随所に工夫がありました。丸太などの輸送に欠かせない4トンダンプの運転指導も受け、緊張しつつも学ぶところが多い一日でした。



コメント

非公開コメント

トラックバック