来週に向けて…

今日の天女山は三つの班に分かれて作業をしました。このうち連日、皆伐作業を続けている北杜市大泉町の民有林では二抱え以上もある立派なスギの大木3本を2台のチルホール(牽引具)で伐倒しました。先輩が手際よく木の幹に受け口を作り、V字方向にセットした2台のチルホールで木の幹を引きながら、目標とする伐倒方向にじわじわと重心を移動させます。

160409ブログ


写真は伐倒後のスギ。残念ながら洞(うろ)が目立つ木が多く、商品価値としては低い結果となりましたが、伐倒方向と異なる向きに重心が傾いた大径木をチルホールで伐倒する作業は貴重な経験となりました。

さて新人の私にとって今週の課題だった中径木以上の木の伐倒は、きちんとした受け口をなかなか作れないまま週末を迎える不本意な結果になってしまいました。「点と線」「平行と水平」。先輩から教わったこうしたキーワードをもう一度踏まえて、来週の作業再開に臨みたいと思います。



コメント

非公開コメント

トラックバック