チェーンソー講習

搬出間伐を連日続けている北杜市大泉町の現場では、昨日から道路下の沢沿いに現場を移りました。
民家や電線から離れており、伐倒の経験を積むには最適の場所です。

写真は近接する木々の幹や枝が立て込み、他の木々に掛からないように伐倒するのが難しい場所に生えたアカマツの伐倒を実演するK部長。安定した姿勢、そして針の穴を通すように狙った場所に正確に倒す技術はさすがの一言です。このほかに危険な「掛かり木」を絶妙なチェーンソーワークで処理する技術も。切り株付近に舐めるように慎重にチェーンソーを入れていき、幹を少しずつ転がしながら掛かり木を外します。

160427ブログ

伐倒、枝払い、造材ともに一朝一夕には上達しない技術ですが、針葉樹と広葉樹が混在し、経験を積むには最適となるこの現場で基本をしっかり身に付けたいと思います。



コメント

非公開コメント

トラックバック