下刈り講習

今日は山梨県富士川町の県施設で林業新規就業者向けの「緑の雇用研修」があり、下刈りの講習を受けました。就業1年目程度の14人が県内の各事業体から集まり、蒸し暑い天気の中、施設内の草を刈りました。
下刈りは普段の仕事で経験していますが、初めて体験したのが刈り払い機の刃の一種の「ササ刃」の研ぎ作業。普段は極めて固い金属が埋め込まれた「チップソー」という種類の刃を使っているため、頻繁に研ぐ必要がありませんが、ササ刃は休憩ごとに研ぎます。手間はかかりますが切れ味に優れ、腕の太さくらいの潅木なら簡単に切り倒せました。

160705ブログ②

ササ刃を中心に使っている事業体もあり、研修生同士で教え合いながらの作業となりました。今月は玉掛け作業の講習会など研修が続きます。現場作業に必要な知識と技術をしっかりと学んでいきたいと思います!

コメント

非公開コメント

トラックバック