「玉掛け」講習

今日は、クレーンをはじめとする重機や機械で一定の重量以上の物を吊り上げたり、吊り下げたりする「玉掛け作業」を行う際に必要な技能講習を受講しました。林業新規就業者向けの「緑の雇用」研修の一環で、南アルプス市の専用施設が会場です。

160708ブログ

甲府市などで酷暑となった昨日のような暑さが懸念されましたが、幸い今日は雲が目立つ天候となり、エアコンがない会場内でも気温はそれほど上がりませんでした。

丸太や軟弱地盤に敷く鋼鉄製の鉄板などをダンプに載せる場面を中心に、玉掛けは日々の現場で頻繁に登場する作業。講習ではクレーン操作者への合図の方法などが普段とは若干異なる方法で実施されたため戸惑う場面もありました。しかし基本が重要なので、安全な玉掛け作業についてじっくり学べたのは大きな収穫でした。

学科や実技の試験もあり、講師の方からは「一週間後にはきっとみなさんの元に修了証が届くでしょう」という心強い講評が。
結果が気になりますが、まずは明日から再開する現場作業に学んだ点を生かしていきたいと思います!

コメント

非公開コメント

トラックバック