タープ

夏本番を思わせる暑さに見舞われた今日は、北杜市須玉町のヒノキ植栽地で下刈りをしました。私にとっては1週間ぶりの下刈り。刈り払う場所が林道から離れたため、沢沿いの林縁には休憩や作業のベースとなるブルーシートのタープが張られていました。薄い布一枚でも屋根があるのとないのとでは大違い。お弁当が入ったザックを置いたり、雨宿りしたりと用途は広そうです。

160711ブログ

キャンプが好きな私の性格を見越して設置者のK部長からは「何なら泊まっていってもいいぞ」との声が。通勤時間を考えると泊まれば朝が楽そうですがそうもいきません。
下刈りはいよいよこれからが佳境に入ります。熱中症に気を付けて作業ベースのテントで適度に休憩しながら、長丁場の下刈り作業を続けていきたいと思います。

コメント

非公開コメント

トラックバック