間違い探し

今日も北杜市須玉町の県有林の現場で下刈りをしました。早朝は台風のような大雨。雨具を着込んで作業を始めると空が明るくなって雨がやみ、暑いので雨具を脱ぐと再び大粒の雨。また雨具を着込むと今度は太陽が照り付けてサウナ状態・・・。というように、目まぐるしく天気が変わり、体力的にもしんどい一日となりました。

そんな中で下刈りエリアはミズナラ苗の植林地に入りました。写真のように、これまでのヒノキ苗と違い、他の雑木や雑草と間違えやすいので誤伐に特に注意が必要です。

160715ブログ

基本的に等間隔で植えられているので、目を凝らしたり、雑草を手でかき分けたりして苗木を確認してから刈り進みます。なかなか見つからない場合もあって大変な作業ですが、下の写真のように雑草や雑木に埋もれるように生える苗木を発見するとホッとして緊張感が一瞬緩みます。山の中で間違い探しをしているような気持に近いかもしれません。葉の形や幹の色などが判別のポイントとなります。

160715ブログ②

来週も下刈りが続きます。ミズナラ苗エリアで効率的に作業ができるように、リズムをつかんでどんどん刈り進んでいきたいと思います!

コメント

非公開コメント

トラックバック