出発準備

猛烈な暑さに見舞われた連休明けの今日も北杜市須玉町の県有林で下刈り作業をしました。人数はこれまでで最多の6人態勢。最近は午後からの厳しい暑さなるべく避けるため、朝6時過ぎから作業をスタートさせ、午後はなるべく早い時間に切り上げるようにしています。

写真は早朝の準備風景。各自思い思いの服装で、後方に伸びる「棚」と呼ばれる植林箇所に入り、エンジン式の刈り払い機で下草や雑木を刈ります。写真では分かりにくいですが、植林地は上部ほど傾斜が増し、作業が困難になります。作業用のブーツで足元を固めるほか、水筒や燃料、ハチの撃退スプレーなどの必需品を携行し、準備には自然と気合いが入ります。

160719ブログ

下刈りは明日も続きます。厳しい暑さが続く予報ですが、しっかりと体力を回復させ、気合いを入れて斜面上部に向かって刈り進めていきたいと思います!

コメント

非公開コメント

トラックバック