ひと休み

八ケ岳南麓ではお盆明け以降、厳しい暑さが少し和らぎ、朝夕などにときどき秋の気配を感じられるようになりました。6月下旬~8月下旬の約2カ月間に渡った人工林などの下刈り作業で連日大活躍した刈り払い機たちは、ひと休みの期間に入りました。写真手前が背負い式、奥が肩掛け式の刈り払い機で、いずれも傾斜地での下刈り作業に適した「一本棒」などと呼ばれるハンドル形状になっています。

160825ブログ②

秋には北杜市内の八ケ岳山麓に設けられた防火線での下刈り作業が始まります。それまでの間は久しぶりにチェーンソーを使う作業が中心となりそうです。安全第一で焦らず確実に仕事をしていきたいと思います!



コメント

非公開コメント

トラックバック