特殊伐採

今日の弊社は3班体制で作業をしました。このうち長野県諏訪郡富士見町の現場ではクレーン車を使った特殊伐採をしました。JR中央東線の沿線で、近くに人家や電線、道路もあり、伐った木をそのまま倒せないため、クレーン車で吊り上げて安全な場所に移動させてから玉切りや枝払いをします。伐採は弊社のベテランのY部長が担当。複雑に電線が張り巡らされた場所でしたが、重機やクレーン車のオペレーターと見事な連携プレーでアカマツの大木などを伐り、安全に地上に「着地」させました。

160829ブログ

今日は日本列島に台風が接近しているせいか蒸し暑く、私にとっては久しぶりの特殊伐採の現場だったせいもあり、バケツで水をかぶったような大汗をかきながらチェーンソーを回しました。心配した天候も持ちこたえて順調に作業が終わり一安心。作業に参加した4人全員で近くの自販機でのどをうるおしてから帰途につきました。

長く続いた夏の下刈り作業が一段落し、しばらく特殊伐採の現場が続きそうです。気持ちを入れ替えて安全かつスムーズな作業を目指したいと思います!

コメント

非公開コメント

トラックバック