ポプラ

台風一過の青空が広がる中、今日の天女山は3班に分かれて作業をしました。このうち北杜市高根町の民有地では、珍しいポプラの巨木の伐採作業を始めました。樹高は25メートルほど、樹齢は100年程度と推測され、枝を豪快に四方に張り出しています。ポプラの枝や幹は大変折れやすく、万一落下した場合、近くの家屋などに被害を及ぼす恐れがあるため、思い切って伐採することになったようです。

160831ブログ

今回の現場は家屋などへの落下に細心の注意を払う必要がある一方、ポプラは全体的に材質が柔らかいため、太めの枝でも簡単に粉砕機械でチップ化でき、チェーンソーでの枝払いや玉切りも比較的楽でした。

ポプラを伐る現場は私にとって今回が初めての経験。人生の大先輩とも呼べる巨木を敬いながら、明日も引き続き安全第一で作業を続けたいと思います!

コメント

非公開コメント

トラックバック