山の幸

9月に入り、八ケ岳南麓では日中の厳しい暑さがだいぶ和らぐとともに、朝晩はだいぶ涼しくなってきました。
写真は北杜市大泉町のカラマツ人工林に生えていた食用の「タマゴタケ」。タマゴの黄身のような鮮やかな色彩が森の中で存在感を放ちます。採取したY部長が「バターでソテーして少ししょう油を垂らすとおいしいよ」とキノコ初心者の私にプレゼントしてくれました。

160906ブログ

帰宅後にさっそく調理すると野生キノコの風味がありつつ、なかなか上品な味わい!一足早く秋の味覚を楽しみました。

今年は雨が多いせいか、山にはぽつぽつと野生キノコが姿を見せ始めています。春の山菜と並んで人々を魅了するキノコ採り。
食中毒に十分注意しながら、一つずつ名前を覚えてキノコライフを楽しみたいと思います!

コメント

非公開コメント

トラックバック