不思議な木

この写真見て下さい。
ちょっと分かりにくいかもしれませんが、何らかの原因で倒れてしまったカラマツの木の枝?が、まるで幹のようにまっすぐ上に伸びているのです。


直径で約16~18センチ、高さは10㍍ぐらいはあるでしょうか。

初め目を疑いましたが、それは確かに生きていました。
そして更に太く成長しようとしていました。
まるで我々人間に、「どんなことがあっても強く生きろ!」と言わんばかりに。

コメント

非公開コメント

トラックバック