「雨プロ」

八ケ岳南麓は今日も時折強い雨が降る梅雨のような天候になりました。弊社は山梨県北杜市を訪れている目黒区の小学5年生による間伐体験をサポートする仕事を受け持っていましたが、悪天のため、室内で林業の説明をしたり、お土産用の木製コースター作りを手伝ったりする「雨プログラム」に変更しました。

会場は北杜市高根町清里にある目黒区の宿泊施設。弊社スタッフなどによる映写機を使った林業や間伐作業などの説明の後、参加した35人の子供たちは2センチほどの厚さに切った丸太をしっかりと手で押さえ、丹念に紙やすりをかけるコースター作りに取り組みました。やすりの持ち方や木に当てる角度などを少しアドバイスするだけで、子供たちはぐんぐんやすりがけが上達。優しい手触りの木製コースターが完成しました。

予想以上に人気だったのが「雨プロ」でしか体験できない林業用のヘルメットやジャケットを試着して排気量50ccのプロ用チェーンソーを持ち上げてみるコーナー。子供たちは列を作って参加し、「わーっ、すごい重い!」とチェーンソーを持った感想などが次々と聞かれました。

160922ブログ

目黒区の小学校による林業体験は今月いっぱい続きます。天候が安定しない日があるかもしれませんが、子供たちの心に残る体験となるようスタッフ一同、工夫していきたいと思います!

コメント

非公開コメント

トラックバック