道作り

今日は久しぶりに雨具を着なくても作業ができる天候になりました。

弊社の現場のうち、間伐作業が控えている北杜市大泉町のカラマツ林では、伐採後の丸太の搬出に欠かせない作業道の開設が本格化。今日も重機2台がフル回転しました。

新人の私は道作りで邪魔になる木を伐採する役割。間伐作業に向けた格好の実戦訓練となるだけに、チェーンソーを持つ手に自然と力が入ります。



写真はカメラを向けるとポーズ(?)を取ってくれたK部長運転の重機です。

明日も同じ現場で作業があります。天気はいまいちのようですが、伐倒技術アップに向けて頑張ります!

コメント

非公開コメント

トラックバック