選木

今週は林業新規就業者を対象にした「緑の雇用研修」が山梨県南アルプス市で2回にわたり開かれました。テーマは「間伐」。弊社社長ら2人が講師を務めました。伐倒技術をテーマにした1回目に続き、2回目の今日は残す木や伐る木を選ぶ「選木」に主眼を置いた内容となりました。この選木、一度伐った木は元に戻らないだけに、初心者には悩ましい作業となります。

「劣勢木を選んで伐るのではなく、まず将来的に残したい木を選び、その上でその木の成長に支障となりそうな木を選んで伐る」「樹間のバランスが大事で、劣勢木でも残す場合がある」などとポイントを教わります。



「選木にはさまざまな選択肢があり、完全な正解がない場合が多い」と弊社社長。しかし上手に間伐された森の中に入って感じる何とも言えないすっきりとした雰囲気は、適切な選木のたまものです。選木技術は一朝一夕には身に付きませんが、秋冬に控える本格的な間伐作業に向け、意義深い研修となりました!

コメント

非公開コメント

トラックバック