閉講式

今日は林業新規就業者を対象とした「緑の雇用研修」の閉講式が山梨県中央市の県森林組合連合会で開かれました。私を含めて林業の世界に飛び込んでおおむね一年以内の県内の林業従事者13人が、半年間の研修を終えて、修了証書を受け取りました。

161117ブログ


最終回の今回の講義では、作業の安全に関する知識と理解に最も多くの時間が割かれました。林業は他産業と比べて労災事故の発生が非常に多く、安全の追求は不変のテーマです。講師の方は県内などで実際に起きた事故事例を説明し、「過信や焦り、気の緩みなどが事故を呼ぶ」とあらためて注意を促しました。

チェーンソー作業、重機作業、刈り払い機による下刈り、木材の運搬など、林業は重大事故を起こす可能性がある作業を避けて通れません。
研修で学んだことを生かしてさまざまな作業に習熟しつつ、慣れや過信による事故やけがを招かないように、一層気を引き締めて明日からの現場作業に臨みたいと思います!

コメント

非公開コメント

トラックバック