「特別教育」

今日は私を含む新人2人は、小型車両系建設機械の特別教育の実技を受講しました。会場は山梨県南アルプス市に設けられた重機メーカーの教習センター。小型車両系建設機械とは、写真のようなホイールローダーやバックホウ(パワーシャベル)のうち、重量3トン未満のタイプが該当します。

170203ブログ

林業現場では、ホイールローダーは林道の除雪、バックホーは作業道の開設や抜根などに主に使われます。バックホーの先端部分のバケット(ショベル部分)を、可動式のつめのような形に替えて、丸太をつかめるようにした「グラップル」も日々の作業に欠かせません。

今日は強風の中、屋外会場でホイールローダーとバックホーの運転を練習しました。両方とも普段、街中の工事現場などでも見かけ、土木工事に欠かせない重機だけに、実際に自分で運転すると新鮮な感覚で面白く感じました。

どちらもスムーズで安全な運転には慣れと経験が必要。今回は受講者数が多いため、短時間しか運転できませんでしたが、今後の現場作業でさらに経験を積み、重機操作に慣れていきたいと思います!

コメント

非公開コメント

トラックバック