下刈り

今日は昨日に引き続き、北杜市明野町の最終処分場敷地内で、道路脇の斜面の下刈りをしました。積雪が心配でしたが、問題なく刈れる状態でひと安心。昨日は降雪に伴う気圧変化や低温のためか、刈払機のエンジンの回転が一定しませんでしたが、今日は調子が戻り、夕方までに無事作業を終えることができました。



明野町は地形的に開けているため、全国的にも日照時間が多い地域として知られ、処分場敷地内からも写真のように、新雪をかぶった南アルプスの山々が広々と見渡せました。

暦の上では立春を過ぎましたが八ケ岳山麓はまだまだ冬。来週からは再び地拵えの仕事が再開しますが、厳しい自然と向き合いながらの作業が続きそうです。

コメント

非公開コメント

トラックバック