作業完了!!

年明けから山梨県北杜市須玉町で進めていた地拵えの作業が先日ついに完了しました。大きく分けて二区画、計3ヘクタールの面積が対象。皆伐後の山肌に丸太の杭を打ち込み、残された枝や丸太を横一列に並べて「棚」を作る作業で、人海戦術が中心となりました。地面が凍り付いて杭が刺さらなかったり、地面に横たわった丸太が凍結のため地表からはがれなかったりする幾多のハードルを乗り越え、何とか完成にこぎ着けました。

170304ブログ

林業の一連の作業を伐採・搬出で一区切りとすると、苗を植え付けるための準備に当たる地拵えは次のスタートへの第一歩。この現場では今後、苗木をニホンジカなどの食害から守る防獣ネットの設置や苗木の植え付け、下刈りなどが次々と予定されています。
新人の私にとって地拵えの作業は今回の現場が初めて。この場所に次に植えられた木が主伐期を迎えるのは40年後や50年後になります。「それまでおれたちが元気で生きていて、大きく育った木を見られたらいいな」。そうつぶやいた先輩の言葉に、林業という仕事のスケールの大きさをあらためて実感しました。

コメント

非公開コメント

トラックバック