仕込み

年度末を迎え、弊社では地元の北杜市大泉町のカラマツ人工林の搬出間伐など連日、忙しく現場が動いています。
先日完了した同市須玉町の地拵えの現場などで今後、引き続き予定しているのがシカなどによる獣害防止用ネットの設置作業。植えた苗木を動物による食害から守るため、植林地の周囲にネットを設置します。

170306ブログ

写真はネットを張るための杭の下準備作業。長さ2.4メートルの杭の末端から50センチの場所に、一本一本テープで印を付けます。杭を打ち込むときに、深さ50センチまで確実に打ち込む必要があるためです。今回は二箇所の現場で1000本近くの杭を使うだけに、目印を付けて、10本ずつの束にまとめ直すだけでも大変な作業。杭を横に並べて目印を付けやすくしたり、束にまとめたりしやすくするための冶具を余っている木材で造り、二人でも流れ作業で進められる体制を整えました。

この冶具の完成で作業スピードは大幅に改善!「仕事は段取り八分」。その言葉の意味をあらためて実感しました。

コメント

非公開コメント

トラックバック